韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領の訪中、当初4泊5日を、冷淡な中国が3泊4日に短縮

文大統領の訪中、当初4泊5日を、冷淡な中国が3泊4日に短縮

13日から始まる文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中日程を当初大韓民国首脳の国賓訪中歴代最長である4泊5日で推進したが、中国側の冷たい態度で1泊を減らして3泊4日に短縮したことが分かった。北京外交消息筋は先月「北京ともう一つの都市を含めて4泊5日で準備中」と明らかにしたことがある。青瓦台外交安保チームは通常3泊4日だった歴代国賓訪中とは違い、最も長くて盛大な日程を企画した。

これを通じて高高度ミサイル防衛(THAAD)対立の解決を誇示するという意欲をもって、13日から17日まで北京2泊、重慶2泊につながる年内訪中日程を推進した。

だが、交渉の過程で中国がTHAADの追加配備、米国のミサイル防衛体系への参加、韓日米軍事同盟化に参加しないという3不措置と既存のTHAAD制限など次の段階を要求するなど青瓦台の期待とは違い、淡々とした態度を取ると国内世論でも逆風が強まった。その結果、青瓦台は訪中日程を一日減らして3泊4日に確定した。260人余りに達する歴代最大規模の経済使節団はこの過程で構成された。これに18日から2泊3日の日程で始まる中国の例年中央経済工作会議も影響を及ぼしたことが分かった。

年内訪中を成功させるための無理な訪中強行がTHAADという難題にぶつかり、共同声明、記者会見はもちろん、国賓訪問の要件である首相午餐もない3無国賓訪中に帰着した。6月末、米国を訪問した文大統領は当時国賓訪問ではなかったが、ドナルド・トランプ大統領とホワイトハウス晩餐に続くマイク・ペンス副大統領と午餐会も行われた。





だが、今回の文大統領は訪中2日目である14日に習近平主席主催の国賓晩餐を行うだけで、15日には李克強首相と午餐のない遅い午後会談という結論が出た。このうえに、すでに第19回党大会から引退した張徳江全人代委員長との会談だけが追加された。先月9日、トランプ大統領の場合、国賓晩餐に第18・19代元常務委員12人を同席させ、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が2000年以降訪中の度に常務委員9人全員を面談した記録を超えたことに比べるとみすぼらしい接待だ。
http://japanese.joins.com/

中韓は今回の文大統領の中国訪問を「両国関係の新たな出発点」と位置付けてきた。しかし、高高度防衛ミサイル(THAAD)に対する中国の圧力は続いており、首脳会談後の共同声明だけでなく、それより格下の共同報道発表すら出さないという。 1992年の中韓国交正常化以降、韓国の大統領が中国を国賓訪問した7回のうち、94年3月の金泳三元大統領の訪問時以外は全て共同声明もしくは共同報道発表が出されていた。しかし、今回の文大統領の訪問で両国は別々に立場を整理して発表する予定だという。「共同声明に中国政府のTHAAD反対の立場と、それを認識するという韓国政府の立場を盛り込みたい」という中国側の要求を韓国側が拒否したためとみられている。

文大統領は今回の中国訪問で習主席のほか、李克強首相、全国人民代表大会の張徳江常務委員長、次世代指導者と目される陳敏爾・重慶市共産党委書記と会談する。しかし、中国は文大統領と李首相の会談の日程を調整する過程で、昼食会の時間を午後の遅い時間に延期した。そのため、文大統領の他の日程も順延されることになったという。文大統領は昼食会でTHAADに対する報復措置に言及する考えを示していた。これについても記事は「国賓への待遇に見合わない態度だ」と批判している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月13日 11:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp