韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  11月の中国自動車市場、韓国車が持ち直してきた理由は?

11月の中国自動車市場、韓国車が持ち直してきた理由は?

2017年12月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、11月の中国市場における韓国車の販売状況について紹介する記事が掲載された。記事は、ここ最近韓国車の売れ行きは良くなかったものの、11月は多少持ち直したと紹介。ヒュンダイの販売台数は10万台近くに達し、先月比約18%の増加となったという。特にヒュンダイのエラントラは、販売台数が2万300台となったと伝えた。

また、11月15日に新発売したヒュンダイのSUV・ix35はすでに4000台近く売れており、12月の販売台数にも期待が持てると紹介した。なぜ韓国車が持ち直してきたのか。その理由の一つとして記事は、「大幅な値下げ」が関係していると分析。低価格は消費者にとって大きな魅力であるとした。 二つ目の理由は「信頼性の高い品質」だと分析。国産メーカーと比べると技術力・品質のいずれにおいても高く、そのうえ価格が安いとなれば売れるのは当然だとした。 三つ目の理由は「中韓関係の大きな変化」だ。最近では中韓関係に改善の兆しがみられるため、韓国車の販売も伸びてきたのだと論じた。

これに対し、中国のネットユーザーから「消費者の目は節穴ではない。コストパフォーマンスこそ重要」「どんな車でも庶民にとっては、安くて故障が少なく、メンテナンス費用も少ない車こそ王道だ」などのコメントが寄せられた。 また、「ヒュンダイの口コミは悪くないからな」「韓国車の売上が落ちたのは高高度防衛ミサイル(THAAD)のせいだからな。品質とは関係がない」という意見もあり、多くのネットユーザーが韓国車の品質を高く評価しているようだった。
http://www.recordchina.co.jp/





中国汽車工業協会は11日、11月の中国の自動車生産・販売を発表した。生産・販売の前月比、前期比はいずれも増加し、1-11月の生産・販売伸長率は3-4%の間を維持している。そのうち、乗用車の伸長率は2%前後で低成長が続き、商用車は15%前後で好調を維持している。

11月の生産は前年同月比2.3%増の308.0万台、販売は前年同月比0.7%増の295.8万台。1-11月の累計では、生産が前年同期比3.9%増2,599.9万台、販売が前年同期比3.6%増の2,584.5台。乗用車の11月の生産は前年同月比1.2%増の266.9万台、販売は前年同月からほぼ横ばいの258.9万台。1.6L及びそれ以下の乗用車の販売は180.1万台で乗用車販売台数に占める割合は1.3%ポイント減の69.6%となった。商用車の11月の生産は前年同期比10.4%増の41.1万台、販売は前年同月比5.6%増の36.8万台。

新エネルギー車の11月の生産は前年同月比70.1%増の12.2万台、販売は前年同月比83.0%増の11.9万台。そのうち、電気自動車(EV)の生産は前年同月比64.3%増の10.5万台、販売は前年同月比74.9%増の10.2万台、プラグインハイブリッド車(PHV)の生産は前年同月比117.0%増の1.7万台、販売は前年同月比154.0%増の1.7万台。11月の自動車輸出台数は前年同月比18.1%増の8.8万台と好調を維持している。1-11月の累計は前年同期比26.6%増の79.7万台で伸長率は1-10月より2.3%ポイント減となった。内訳は、乗用車の輸出が前年同月比34.6%増の56.4万台、商用車の輸出は前年同月比10.5%増の23.2万台。

日系メーカー4社は、5日までに11月の中国新車販売台数を発表した。日産、ホンダ、マツダは2桁増を達成、日産が4社の中で販売台数首位を獲得した。韓国系は11月まで100万台には届かない。11月度は -29.83%であるから、持ち直したと言えるかどうかは微妙だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月14日 09:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp