韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本には中国製品がたくさん!どんな商品が売れているのか

日本には中国製品がたくさん!どんな商品が売れているのか

2017年12月10日、中国のポータルサイト・今日頭条に「日本で売れている中国製品は何か?」と題する黄文●(●は火へんに韋)氏のコラムが掲載された。

文章は冒頭、「日本で買い物をした中国人観光客が時に直面する恥ずかしい状況」として「日本の商品と思って買ったのに実は中国製だった」というケースを挙げ、「そういう時は『いずれにしても日本に輸出された商品。品質は国内市場に出回っている物よりしっかりしているはず』と自分をなぐさめるしかない」と指摘する。

これに続けて、日本の家から中国製品を排除したらどうなるかという日本のテレビ番組の実験結果を紹介し、「実際のところ、非常に多くの日本人が中国の製品に囲まれて生活するという現実を平然と受け入れている」と説明。衣料品のほか、食品に関しても一部消費者には避けられているがスーパーには数多くの中国製が並んでいること、100円ショップの商品の多くが中国製であることなどに言及し、日本の通販サイトでは中国製の生活雑貨、旅行グッズ、ペット関連商品などの人気が高いことを指摘している。

文章はまた、「ウーロン茶、プーアル茶など中国の茶葉は日本で非常に歓迎される」とし、日本に来たばかりの頃のエピソードとして「ウーロン茶のキャップにはどれも『中国福建省の茶葉を採用』という文字が書いてあり、福建出身の自分はとても誇りに感じた」とした。





このほか、700年前の墓から見つかった中国式の男女産み分けカレンダーも「意外な人気」と伝え、「『衣料品は問題ない。電化製品も選択肢の一つ。食品に関しては慎重』というのが日本人の中国製に対する意識だ」とまとめている。
http://www.recordchina.co.jp/

中国製品の強みと言えば価格の安さであり、日本製品の強みは品質の高さである。中国人旅行客が日本を訪れ、買い物を楽しんでいるのはやはり日本製品の質が高く評価されているためでもある。 中国メディアの捜狐は、日本製品の質が高いのは日本企業の管理の方法に秘訣があったと伝え、中国企業が品質の向上に取り組むならば、日本企業のような管理を行うことが必要不可欠と伝えている。日本人は物事の本質を見抜くことに長けていると伝え、問題の発見と分析、解決といった活動を通じて質の高い製品を作り、業績を拡大していると紹介。さらに、トヨタ生産方式のアンドンを例に挙げ、問題が起きた際にはすぐに関係者全員が現場に集まり、問題の解決に着手すると伝えたうえで、「トヨタのみならず、こうした姿勢は多くの日本企業に共通するもの」と論じている。

一方、中国企業は問題が起きたら「改善や解決どころか、隠蔽しようとする」と主張し、ましてや責任者が現場を訪れることなどないと指摘。責任者が集まるのは現場ではなく、せいぜい会議室であり、これでは問題の根源を見つけることはできず、ましてや改善は見込めないと論じた。また、雑貨や日用品の店に売られている商品の多くは中国製・・・日本に住んでいる人なら常識的な話だろう。中国のネット上でもそのような情報はもちろん流れているが、実際に日本を訪れた中国人観光客の中には街じゅうにあふれる「中国製」を見て、改めて感銘を覚える人もいるようだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月15日 09:55 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp