韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  文大統領の冷遇と記者への暴行、これこそ「中国夢」だ

文大統領の冷遇と記者への暴行、これこそ「中国夢」だ

国賓として中国を訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席した行事を取材中だった複数の韓国人記者が、中国公安(警察)の指揮下にある警備会社の警備員たちから集団で暴行を受けるというあり得ない事件が昨日発生した。現場では十数人の警備員が記者らを取り囲み、顔を殴る蹴るなど非常に悪質な暴行を行ったという。暴行を受けた記者らは血だらけになり、うち1人は目の周囲を骨折し、眼球にも出血の症状が出て倒れ、現在精密検査の結果待ちだ。韓国大統領府は被害者の同意を得て中国政府に捜査を依頼することにした。真相解明と責任者の処罰は必ず行われねばならないが、今回の事件に関してはその程度で終わらせる次元の問題ではない。

暴行は北京市内で開催された両国の貿易振興に関する行事の進行中、現場となった会場で文大統領と共に移動していた記者らを警備員らが制止した際に起こった。取材記者と警備員とのもめ事自体はよくあることで決して珍しいことではない。しかし今回のように悪質な集団暴行は世界のどこにも見られないものだ。暴行を受けた被害者らは取材記者の証明書を携帯していたにもかかわらず、顔面を蹴り上げられるなど非常に激しい暴行を受けた。韓国大統領府の職員らが間に入って止めようとしたが、暴行する警備員らは全く意に介さなかったという。韓国写真記者協会は声明で「大韓民国そのものが暴行を受けた」として強く抗議した。

中国外交部(省に相当)の報道官は数時間後に行われた定例会見で「韓国主催の行事だったが、中国国内で発生したため大きな関心を持っている」とコメントした。この行事は大韓貿易投資振興公社(KOTRA)主催だったが、国家の首脳が出席する場合は警備などの最終責任は会場を提供する側の国にある。そのため今回の警備もこれを実際に担当していたのは中国側だった。ところが中国外交部報道官が口にした言葉は「謝罪」ではなく「関心」だった。米国や日本の首脳がやって来ればこのような問題が起こることなどまずあり得ないだろうが、たとえ起こったとしても中国政府はこれほど傲慢(ごうまん)な態度は取らなかっただろう。





今回の文大統領の中国訪問をめぐっては中国側の意図的かつ悪意ある態度があちこちで見られる。空港で文大統領を出迎えるのは本来なら閣僚や次官であるべきだが、今回は次官補クラスの人物が出てきた。大統領府が公表した文大統領の日程には10回の食事会が予定されているが、うち中国政府関係者が同席するのはわずか2回だ。これでは国として最高の儀典が行われるはずの国賓接待とは到底考えられないし、大統領に随行していた記者に対する今回の暴行もその延長線上にある。韓国に何か「見せしめ」でも示そうとしたのだろうか。

中国は文大統領の訪問前から執拗(しつよう)に「THAAD(米国の高高度防衛ミサイル)『3不』合意の履行」を要求してきた。中国共産党の宣伝機関は文大統領へのインタビューをテレビなどで放映した際「3不を履行する約束とその後の対応について説明してほしい」と言葉を変えながら繰り返し質問する無礼な態度を平気で取ってきた。韓国側がこれを受け入れなかったことが今回の暴行の起こった原因かもしれない。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、中国公安が関係すると思われる暴行事件は今回が初めてではないと報じている。盧武鉉政権時代の2005年1月、当時ハンナラ党(現:自由韓国党)の金文洙、ペ・イルドの両議員は、北京市内のシェラトンホテルで脱北者の人権問題に関する記者会見を開こうとして中国公安当局関係者に暴行された。金文洙氏はこの時、「公安のように見える暴漢たちが電気を消して容赦なくたたいてきた。拳と足で殴ったり蹴られたりして気を失うほどだった」と話している。

韓国に戻って記者会見を開いたペ・イルド氏は「現場には韓国大使館総領事など韓国人外交官4人もいたが、暴漢たちは外交官にも暴力を振るった」と語った。ハンナラ党は抗議書簡を中国大使館に送ったが、弁解や説明はなかった。当時与党だったヨルリン・ウリ党(開かれたウリ党)は「韓中関係がギクシャクしたり亀裂が入ったりしてはならない」と述べている。THAAD排除しないのだから当然だろう。当分このようなやり取りが続きそうだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月15日 11:05 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
日程が
習近平が北京を留守にする南京式典の12/13、
この日を選んで北京に到着した文在寅。
この日程には何の意味を込めたのかと、中国の疑心暗鬼。
それとも、12/13に来いと、中国の指定だったのか?
どちらにしても、はなっから危なっかしい訪中だ。
[ 2017/12/15 12:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp