韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で大人気だったユニクロの成長に陰り、原因は?

韓国で大人気だったユニクロの成長に陰り、原因は?

2017年12月14日、韓国・ソウル経済新聞は、韓国で高い人気を誇っていたユニクロが、昨今「深い悩みを抱えている」と報じた。ユニクロは韓国進出から10年がたった14年、同国での年間売り上げ1兆ウォン(約1030億万円)を達成したが、12年に売り上げ伸び率54%でピークに達して以降は毎年伸び率が下がっているという。

韓国金融監督院電子公示システムによると、ユニクロの韓国法人FRLコリアの2017会計年度(16年9月〜17年8月)の売上高は1兆2377億ウォン(約1270億円)で前年より4.7%増加、営業利益は1765億ウォン(約180億円)で前年より64.5%増えた。

しかし記事は、同年度のユニクロの実績は「失望ものだ」と伝えている。12〜16年までの5年間に計110店舗、年平均22店舗を新規オープンしてきた勢いに急ブレーキが掛かり、17年の店舗数は179店舗と、前年から6店舗の増加にとどまったのだ。 売り上げの伸び幅も落ち続けている。13年には37.4%、14年29.0%、15年には24.7%と前年比2桁で伸びてきていたが、16年は5.8%、17年は4.7%にまで下がった。

こうした成長鈍化の背景には、アイテムの大部分が生活必需品的な性格を備えていることによる「限界」があると記事は指摘する。すでに韓国人の多くはユニクロのヒートテック、フリースフルジップジャケットなどベーシックなアイテムを入手しており、同じアイテムが頻繁には購入されなくなっているのだ。





また記事はもう一点、海外でも広がる「持続可能なファッショントレンド」と相反する「SPAの代名詞」とのイメージが付いていることも、ユニクロの足を引っ張る要因だと指摘している。ユニクロをはじめととしたSPAブランドは近年、衣類ごみを生む環境汚染の主犯との認識が広まりつつあるとの指摘だ。 同社の製品を愛用しているとみられる一般の韓国ネットユーザーはどう見ているか。記事には、「高い値段のせいでは?」「同じデザインのものに比べると割高」「1、2着買ったら分かるけど、思ったより高いし、デザインや種類も毎年似たり寄ったり。セール期間以外は行かない」など、価格やデザインの問題を指摘する声が多数上がっている。
http://www.recordchina.co.jp/

2016年10月6日、中国メディア・捜狐は日本ブランドに関するコラムを掲載し、中国人に人気の日本ブランドを紹介した。中国では、カメラのブランドでニコンとキヤノンの人気が高い。カメラ愛好家のみならず、旅行のお供としても選ばれており、ニコン、キヤノンのカメラを持つ人を多く見かける。アパレルでは、ユニクロの人気が根強く、多くの人はユニクロの商品に対して、「おしゃれで品質が良い」との印象を持っている。

一方、2015年でユニクロは韓国に進出し10年で単一ブランドとしては初めて年間売上高1兆ウォン(約1064億円)を超えた。ユニクロは昨年8954億ウォンで単一ブランド最大の売上を記録し、ことしは「1兆ウォン突破」が早くから予想されていた。 韓国ブランドの成績もユニクロから大きく離されている。サムスン物産のファッション部門である「BEANPOLE(ビーンポール)」、韓国のアウトドアブランド「K2」と「BLACKYAK(ブラックヤク)」は年間売上高7000億ウォン台と言われていた。 ただ韓国では金額が高い。飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、陰りも出るだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月16日 09:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp