韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国人警備員が韓国人記者を集団暴行…「韓国側が雇ったスタッフだった」

中国人警備員が韓国人記者を集団暴行…「韓国側が雇ったスタッフだった」

中国外交部(中国外務省)の陸慷(ルー・カン)報道官は15日の定例記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪中した際に、取材中の韓国人記者が中国人警備員十数人に暴行され負傷した件について、警備員は韓国側団体が手配したものだったなどと説明した。

事件発生は14日午前11時ごろ。文大統領は大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が主催した中韓経済貿易協力交流会の開幕式に出席した。中国メディアの環球網によると、スピーチを終え引き揚げようとする文大統領の通路に韓国人記者も同時に出ようとしたことで中国人警備員との乱闘が発生。韓国メディアのKBSによると、大統領スタッフが制止しようとしたがすぐには収まらず、記者1人が警備員十数人に殴る蹴るなどされて負傷した。

暴行された韓国人記者は2人だったとの報道もある。韓国政府は中国政府に徹底した調査と相応の措置を求めた。KBSによると、現場では乱闘発生の10分ほど前にも、警備員が韓国メディアのカメラマンを押し倒すなどの事態が発生していた。また、13日に開催された中韓ビジネスフォーラムでも、中国側警察官が韓国人記者の取材を阻止しようとして双方に乱闘が発生し、韓国側メディアが取材を拒否するトラブルが発生していた。





陸報道官は15日の記者会見で、「記者は韓国側団体に招かれており、警備員も韓国側団体が雇った者だ。従って、調査には韓国側団体の情報提供が必要」とした上で、「いずれにしろ、事態は中国で発生した。中国側も調査にしっかりと協力する」と述べた。
http://www.recordchina.co.jp/

毎日新聞は、韓国大統領府は14日、中国訪問中の文在寅大統領の公式行事を代表取材していた韓国メディアの記者2人が、中国の警備員に暴行され、負傷したと発表したと報じた。韓国外交省は中国政府に抗議し、事実関係を明らかにするよう求めた。発表によると、暴行が起きたのは文氏が出席した両国の貿易振興に関する行事のさなか。韓国メディアの記者が大統領府の許可を受けて代表取材していたところ突然、中国の警備員が制止。抗議したところ、複数の警備員に殴打された。別の場所でも警備員とトラブルになった記者が集団で暴行されたという。

大統領府関係者によると、記者を殴った警備員は、韓国の政府機関、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が雇った警備員の可能性もあるが、警備会社は中国の公安当局が指定したという。中国外務省の陸慷報道局長は14日の定例会見で「韓国側が独自に企画した行事で起きたと聞いているが、心配している。両国の関係部門は文氏の訪中の成功を目指しており、小さな事故であってほしい」とコメントしたという。 一方、韓国の最大野党、自由韓国党は「屈辱外交の極みだ」と批判し、16日まで訪中予定の文氏に即時帰国するよう求めたという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月16日 17:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp