韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日印協力は中国にとって脅威となるか?

日印協力は中国にとって脅威となるか?

2017年12月16日、新浪に、日本とインドの協力関係が中国にとって脅威となるかについて分析した記事が掲載された。記事は、最近日本とインドの協力関係に関するニュースがたびたび報じられていると指摘。世界の大国と呼べるこの2カ国の協力関係は、経済分野にとどまらず軍事面にまで及んでいると伝えた。

例えば、2012年に日本とインドは軍事上の大小さまざまな協力を始めており、合同軍事演習はその1つだという。記事によれば、日本が特に重視するのは、インドとの「安全保障関係」だ。インドと協力関係を結ぶことで日本の安全保障は大いに高まるのだという。

また、インドは総合的な国力で中国に次ぐ国であるものの、軍事面では中国に及ばず、日本の力によって中国の軍事力に対抗することに大きな意味があると記事は分析。従ってインドにとってもこのような協力関係は不可欠なのだとした。

そのうえで、人口が多く軍事力もあり経済も上昇しているインドの唯一の弱点は工業力だと記事は主張。しかし、今のところ日本とインドの協力関係はインドの工業力を向上させるまでには及んでおらず、大きな進歩はないという。


そのため、インドは武器を輸入に頼らざるを得ず、日中双方の軍事面での協力は「一言ではいい尽くし難いものがある」と記事は分析。そのため「インドは日本との協力を慎重に考慮すべきだ」と論じた。これより前、中印間では国境をめぐる紛争があったほか、日本では尖閣諸島を中国が虎視眈々(たんたん)と狙っているとする論調があり、これらには「何か別の意図がある」という見方があったと記事は紹介。しかし、中国の専門家によれば「大きな意味はない」という。そして、中国は急速に発展しており、インドは日本との協力についてよくよく考えるようにと忠告するだけだと結んだ。
http://www.recordchina.co.jp/



安倍晋三首相は9月13日にインド訪問を開始している。これは両国間の定期的な活動であるが、安倍首相はモディ首相の故郷であるグジャラート州で、空港から8キロに渡る歓迎イベントで迎えられた。両首脳はインド初の高速鉄道の起工式に出席した。この鉄道は印日協力の「フラグシッププロジェクト」とされている。現地紙『Indian Express』は、両国のパートナーシップは「中国対抗連盟の大きな基盤」になると報じている。

洞朗地域の対立後、米日との協力を強化し中国に対抗すべきと訴えるインドメディアが増えている。印日歩み寄りの地政学的な意義も、さらに誇張された。これは中国を前にしたインド戦略界の心の弱さを浮き彫りにしている。彼らはインドが米日と同盟を組む可能性によって自らを励まし、中国に戦略的潜在力をアピールすることを好む。インド民間の心理も、このような励ましを必要としているようだ。 人民日報は、世界のロジックはすでに変化している。日印の団結は儀礼的な、見せかけだけの印象を与える。印日と米国が伝統的な意義でのアジア軍事・政治同盟を形成することはない。これは一部の人間が21世紀になっても20世紀の説を唱え、勢いをつけようとしているだけだと報じている。

印日の歩み寄りは、21世紀の新たな国際関係のロジックにおいて、中国の重大な脅威となることはない。これには印日両国が励まし合い、慰め合う要素があり、中国に対する実質的な対抗力を形成できない。これは国民を喜ばす、もしくは不快にさせる効果を生む。中国はこれを重視できる。中国の戦略としては、より全面的に配慮すべきということだ。これにかまっている時間がなければ、腹の足しになるのかと笑っていれば良いと伝えている。とはいえ現実は大きな脅威となるわけで、日米土台の同盟形成は中国とて恐ろしいのではないか…。もっともすでに中国は日本に歩み寄ってきている…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月17日 09:30 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp