韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国野党代表「慰安婦問題? 今は韓日米自由主義核同盟を結ぶ時」

韓国野党代表「慰安婦問題? 今は韓日米自由主義核同盟を結ぶ時」

洪準杓(ホン・ジュンピョ)自由韓国党代表が16日、「朝中露の社会主義核同盟に対抗し、韓日米が自由主義核同盟を結ばなければいけない時だ」と強調した。前日に日本訪問を終えて帰国した洪代表はこの日、SNSを通じて日本メディアとのインタビュー内容などを伝えた。

洪代表は日本メディアが尋ねる慰安婦問題について「主題を曇らせるのは正しくない。北核への共同対処案を見つけるために日本を訪問した。ただ、亡くなった私の父は日帝強占期に徴用され、8カ月後に生きて帰ってきたと話した」と答えたという。また「我々に重要なのは次世代のための同盟であり、過去に埋もれて未来を眺めることができないのは指導者の姿勢ではない」と主張した。
続いて「いま5000万人の国民が北核の人質になった状況で、朝中露の社会主義核同盟に対抗して韓日米が自由主義核同盟を結ばなければいけない時だ」と強調した。さらに「南北の核均衡だけが戦争を防いで自由大韓民国を守る道」とし、戦術核再配備の必要性に言及した。

洪代表は日本を訪問中、終始、文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交政策を批判した。15日には東京のホテルで日本に駐在する韓国記者らとの朝食会で、文在寅大統領の中国訪問と成果を批判しながら「経済使節団を率いて皇帝就任式に朝貢外交をしに行ったものであり、その以上でも以下でもない」という発言をした。これに対し一部では、洪代表が普段から毒舌家である点を勘案しても度が過ぎるという指摘が出ていた。
http://japanese.joins.com/





中央日報は14日、洪準杓自由韓国党代表は13日「北核・ミサイルに対して日本の指導部と共同で対処する意見の接点を得られると考える」と話したと報じている。 洪代表はこの日、東京を訪問して在日民団中央本部関係者らと会った席で「日本では北核問題に関連して現政権を信じるより韓国党と意見が一致していると承知している」と明らかにした。洪代表は15日まで2泊3日の日程で日本に滞在しながら政・官界指導者らと北核対応案を議論している。

洪代表は出国前の記者会見で「北朝鮮、中国、ロシアの社会主義の核同盟に対抗するために我々も韓国、日本、米国の自由主義の核同盟をしなければならない時」と主張している。 国内政治に関して「韓国党は昨日から“金箸とスプーン(富裕層)”政党から“土箸とスプーン(庶民層)”政党に変わった」とし「政策も庶民中心の政策にすべて変わるだろう」とも話している。また「金聖泰(キム・ソンテ)院内代表と緊密に議論して与党に対する闘争の方向を決めたい」と明らかにした。前日、院内代表選挙戦で韓国労働組合総連盟(韓国労総)事務総長出身である金院内代表が当選したことを機に党革新に速度を出すという趣旨だ。

洪代表は「与党に対する闘争は金院内代表が担当し、私は党革新に注力する」と話した。金院内代表が親洪(親洪準杓)系という指摘に「(金院内代表が親洪であれば)韓国党の90%が親洪」と答えた。日本の外務省は、安倍総理大臣から,北朝鮮に政策を変えさせるため、国際社会で一致結束して北朝鮮への圧力を最大限に高め、北朝鮮の方から対話を求めてくる状況を作っていかなければならない旨述べるとともに、戦略的利益を共有する最も重要な隣国である韓国との間で、困難な問題を適切にマネージしつつ、様々な分野で協力を進めていきたい旨述べたという。その上で、洪代表との間で、対北朝鮮政策を中心に意見交換をおこなった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月17日 10:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp