韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国への依存度下げ外交・経済多角化せねば

中国への依存度下げ外交・経済多角化せねば

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が習近平中国国家主席と韓中首脳会談を行ない16日に帰国した。外交欠礼と「1人飯」議論から中国警護員による韓国記者暴行事件まで、言葉も多く不満も多かった中国訪問だった。文大統領の今回の訪中は改めてさまざまな面で「韓国にとって中国は果たしてどんな隣人なのか」を問い質す契機になった。

21世紀の超強大国に浮上した中国は安保・経済・文化など、ある分野でも韓国だけでなく世界のすべての国に重要な存在であることを否定することはできない。だから文在寅政権も争って北京を訪ね習主席と主要懸案を話し合おうとしたのだ。

ところで訪中結果に対しては批判が多い。さらに「このタイミングでなぜ中国を訪問したのかわからない」とか「韓国が得たものはひとつもない」という酷評もあふれる。中身のない首脳会談と中国の無礼な外交的態度、さらに韓国の低姿勢外交が集まり総体的に屈辱的だったという自嘲も出てくる。「国賓訪問」の意味が果たしてこうしたものだったのかという反問も多い。

それにもかかわらず、われわれは決して中国の存在と意味を過小評価できない。われわれの好みに合わないからと無視することもできず、背を向けることはさらにできない。中国は依然として米国とともに北朝鮮の核問題を平和的に解決できるカギを握っている核心国だ。14億の人口の世界最大市場のひとつでもある。われわれの感情や気持ちを離れ冷徹に判断して対中戦略をもう一度整えなければならない。

スポンサードリンク



ただこの機会に中国に対する依存度だけは確実に引き下げなければならないだろう。われわれが中国にばかり深く入れ込むなら差し迫った状況で抜け出すのが難しくなる。高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の時にわれわれはすでにこれを骨にしみるほど感じた。中国の経済報復が続き観光産業をはじめ自動車や化粧品に至るまでさまざまな分野で大きな打撃を受けた。
http://japanese.joins.com/

韓国外交部が経済分野の対中依存度を中長期的に下げる方針を今年3月に示している。同部の安総基(アン・チョンギ)第2次官は15日、国会外交統一委員会の全体会議に出席し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国の報復措置への対応策について説明している。安次官は、堂々と対応するという基調の下、THAAD配備が安全保障上の必要によるものだという立場を堅持するとした上で、「外交ルートを通じ中国側の措置の不当性を持続的に提起しながら早期解決を促していく」と述べた。続けて、「中国当局に書簡を送るとともに、韓国企業に対する支援などを通じ被害を最小限にとどめる。中長期的に対中依存度を下げていく」との方針も示した。

しかし今頃中国依存を下げてと語っている様では遅いだろう。すでに中国依存の経済が出来上がっている。今の経済で中国依存を緩和しても、世界企業は他の新興国で地位を固めているわけで、戦略もなしに口で語ったところで何も変わらない。外交ができない韓国には無理となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月17日 17:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp