韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「引き算外交」になってしまった文大統領の訪中、自画自賛する時ではない

「引き算外交」になってしまった文大統領の訪中、自画自賛する時ではない

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国国賓訪問が今月16日、重慶日程を最後に終了した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は今回の訪問が高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題で塞がっていた韓中経済交流の突破口を開くために決定的な役割を果たしたと自画自賛の真っ最中だ。だが、注意深く振り返ってみると、今回の訪問は北核解決のような核心懸案で残念な部分が一つや二つで終わらなかった。

我々は北朝鮮への原油供給中断のように北朝鮮を強く圧迫して金正恩(キム・ジョンウン)政権を交渉の場に誘い出すことを望んでいたが、期待に大きく及ばなかった。原油供給を中断するという習近平主席の確答を得るどころか、首脳会談でその話さえ取り出せなかったというから開いた口が塞がらない。ここに冷遇の是非や一人飯論争、中国保安要員の取材記者暴行などで韓国の自尊心はこれ以上なく傷つけられた。

このような失敗は青瓦台が自らまねいた側面が大きい。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を控えて青瓦台は習主席を開幕式に呼び、これを契機に北朝鮮代表も出席させて和解ムードを作ろうとすることに汲々(きゅうきゅう)とする雰囲気だった。北核問題に中国が積極的に取り組むだろうと過信していた印象も消すことができなかった。このため、南京大虐殺80年行事で習主席が北京を空けることを知りながら、青瓦台が文大統領の中国行きを強行したとも言われている。


今回の訪中を決算しながら、青瓦台は中国専門家の指摘を骨身にしみるほど真剣に聞き入れるべきではないか。「いい加減な訪中で韓国は日米の信頼を失い、中国人に対する韓国人の心まで失った」「日米の目には文在寅政府が中国側に傾く『裏切り者』として、中国には双方の様子伺いをする『日和見主義者』のフレームに閉じ込められることになった」。一言で、「足し算外交」になるべき国賓訪問が「引き算外交」に転落してしまったということだ。



それでも文大統領の参謀陣、特に広報・外交ラインは「セルフ称賛」の真っ最中だ。「今回の首脳会談で韓国経済が0.2%ポイントさらに成長することになった」ととんでもなくアピールしたり、「報道機関と野党が誤ったフレームで事態を誤った方向に導いている」と非難の矛先を転じたりしている。特に記者暴行をめぐる親文陣営の対応は呆れるばかりだ。韓国取材陣が中国保安要員から集団暴行を受けたのに、親文ネットユーザーは「暴行されて当然だ」と罵倒した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)青瓦台の広報首席まで「中国警護員の集団暴行は正当防衛」と言い張って尻尾を巻いた。中国メディアはこのような国内の混乱を中継しながら韓国全体を嘲笑した。
http://japanese.joins.com/

聯合ニュースは、韓国青瓦台(大統領府)の高官は17日、文在寅大統領の中国国賓訪問(13~16日)について「文政権発足以降、外交的困難があったが、今回の訪中でまた一つ山を越えた」と報じている。北朝鮮の核・ミサイルによる挑発で緊迫する朝鮮半島情勢を外交的に解決し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に反発する中国の報復措置で冷え込んだ韓中関係を修復する上で重要な成果を挙げたと評価したものと受け止められる。

同高官は「韓中首脳がTHAAD問題によるわだかまりを完全に克服したと思う」とした上で、「THAAD問題が完全に解決したわけではないが、(THAADへの)言及の頻度や強さは著しく低下した」との認識を示した。なかでも文大統領と習近平国家主席が14日の首脳会談を前後して5時間を共に過ごし、個人的な信頼と友情を築いたことが大きいと強調した。 韓国メディアのご都合記事だが、あれだけ冷遇されても”文大統領と習近平国家主席が14日の首脳会談を前後して5時間を共に過ごし、個人的な信頼と友情を築いたことが大きい”と報じるのだから韓国と言う国の愚かさを感じる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月18日 10:24 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp