韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「慰安婦合意」検討タスクフォース、27日に結果発表

「慰安婦合意」検討タスクフォース、27日に結果発表

韓日間で交わされた12・28慰安婦合意の経過と内容を検討した康京和(カン・ギョンファ)外交部長官直属のタスクフォース(TF)が27日、最終結果をまとめた報告書を発表する。 外交部当局者は19日、「年内に、どうせなら12・28合意2周年に際して検討結果を国民に伝えようとの趣旨でTFが作業の取りまとめを急ぎ、報告書作成が事実上終わった」とし「康長官が今日、日本の河野太郎外相と会った時にも関連内容を概略的に説明したと承知している」と述べた。

オ・テギュ前ハンギョレ新聞論説委員室長を委員長としたTFはことし7月31日の発足以来、慰安婦合意が導き出された過程や背景などを綿密に調査した。特に合意に至る過程で被害者の意見が忠実に反映されたかどうかに注目した。外交消息筋は「TFは被害者中心主義に立ってこの問題が処理されたかどうか判断したが、結果的に合意前後で被害者の意見取りまとめが十分に行われなかったとの判断を下したという。その責任が誰にあってどのラインまで責任を問うことができるのかもTFが把握したと承知している」と伝えた。

TFは、合意を破棄するほどの重大な手続き的な欠陥などは確認できなかったという。ただし、TFは検討内容を取りまとめた報告書を康長官に提出するだけで、これに伴いどのような政策を取っていくかは康長官が決める。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は事実上、康長官にこの問題を一任したという。康長官はこの報告書を提出させた後、関連内容に基づいて被害者の意見を取りまとめる手順を踏む予定なので、慰安婦合意関連の後続政策を決めるには多少時間がかかる可能性がある。





文大統領は当選前、慰安婦合意を破棄しなければならないという立場だったが、就任後はやや留保の立場を示してきた。安倍晋三首相との会談や電話会談などで▼大多数の韓国国民と被害者が感情的に合意を受け入れることができない現実を認めて▲双方が共同で努力して賢く克服していこう--との立場を明らかにしていた。
http://japanese.joins.com/

外交部は今年7月31日、オ・テギュ前寛勲クラブ総務を委員長とする慰安婦TFを発足、年内に最終結果を導出するとした。当時、オ委員長は記者懇談会で「報告書を受け取った長官が結論を下し、それによって合意に対する態度(政府立場)が決定される」とし、今後政府の立場の可能性をすべて開いた。 これにより慰安婦TFで出す報告書は、政府の立場を決定するために大きな影響を及ぼすものと見られる。 特に康長官が継続して疑問を提起してきた「最終的および不可逆的解決」という言葉が挿入された経緯をどれだけ明らかにして出すことができるかが、カギと見られる。

だが慰安婦合意を破棄とした時点で、国家間約束放棄であるから、その責任は重い。いくら調査したところで韓国政府に逃げ道は無いが…。自国民の勝手なふるまいを優先した自国政府の失態である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月19日 17:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
終わった問題
解決した問題を蒸し返すのはよくない。合意を守らないなら付き合う必要ないね
[ 2017/12/19 17:46 ] [ 編集 ]
四方丸くおさまるか
慰安婦合意
元々韓国政府が政策として実行したことであり、
調査すべき対象はすべて政府の中にあるから、
特別なチームじゃなくて、組織内の命令で
すべて分かるはずだが、そうはしない。

タスクフォースというのは、
期間限定で特別任務を与えられた集団。

韓国はこの「タスクフォース」が好きだ。
何故かというと、政府は出てくる報告を
実行するかどうかは自由、参考にとどめて
捨ててもいい。

文在寅が公約で言ったことと、これからの
対日外交が行き違いにならないように、
かつ、政府幹部にキズがつかないように、
なんとかケリをつけるアイデアを出すのが
このタスクフォースの仕事だろう。

文在寅の無責任政治、無責任外交に多少は
補強材料を与えるだろうか。
[ 2017/12/19 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp