韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の仮想通貨取引所「ユービット」、ハッキング受け破産

韓国の仮想通貨取引所「ユービット」、ハッキング受け破産

韓国の仮想通貨取引所「ユービット」(旧ヤピゾン)は19日、同日午前4時35分ごろ、ハッキングを受け、多額の取引資産を奪われたと公表した。顧客が取引所に開設した口座で売買していた仮想通貨の一部が蒸発した格好だ。

ユービットは同日午後2時に出入金を停止し、破産手続きに入ると発表した。警察の調べによると、蒸発した仮想通貨は約170億ウォン(約17億6,600万円)相当で、取引資産の17%に相当するという。韓国で仮想通貨取引所が破産するのは初めて。警察は被害規模の特定とハッカーの正体解明を進めている。

ユービットは破産手続きに際し、顧客に残高の75%を出金した上で、残額は最終整理が完了後に支払うと説明した。同社は今後、サイバー総合保険(約30億ウォン)と会社資産の売却などで顧客の損失分を補償する構えだ。顧客が同社による支払い額を超える被害額について補償を受けるためには、民事訴訟を起こす必要がある。

同社がハッキングで顧客資産を奪われたのは今回で2回目だ。今年4月には北朝鮮のハッカーにより、取引資産の37%に相当するビットコイン3800個を奪われた。ビットコイン相場で換算すると約55億ウォン相当だった。同社は当時、顧客口座のビットコインを一律37%減額する措置で、被害を顧客に転嫁したために論議を呼んだ。





現在同社は当時の事件被害者に毎月、一部金額を補償しているが、補償は完了していない状態だ。前回の被害後、取引所の名称を「ヤピゾン」から「ユービット」に変更し、営業を続けてきた。ソウル市江西区にあるユービットの事務所には、損失を受けた顧客10人余りが押しかけて抗議した。顧客らは事務所内で警察の聴取を受けていたユービットのイ・ジンヒ代表を捕まえ、「カネを返さないつもりか」「すぐに出金しろ」「なぜ2回もハッキングされたのか」などと追及した。ユービットで1億2000万ウォン相当のビットコインを購入したKさん(71)は「75%だけが資産として認定された場合、3000万ウォンの損失が出る。被害金額を受け取るまでここから動かない」と話した。これに対し、イ代表は「ハッキングを受けたことは申し訳ないが、システムが安定しなければ、出金や取引はできない」と答えた。
http://www.chosunonline.com/

韓国紙が16日に報じたところによると、ユービットが4月に被害に遭った1度目のハッキング攻撃について、韓国の情報機関は北朝鮮が関与したとみている。この攻撃では約4000ビットコインが盗まれている。ユービットはウェブサイト上で、現地時間19日午前4時35分にハッキング攻撃を受け、総資産の17%相当を失ったと発表。具体的な損失額については明らかにしていないが、全ての顧客の仮想通貨資産は評価額が75%に引き下げられると説明。取引は既に停止していると付け加えた。韓国の仮想通貨市場では、取引所のビッサムがシェアの約7割を握っており、ユービットの取引所としての規模は比較的小さい。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月20日 10:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp