韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  北京の朝食専門店、韓国・文在寅大統領が食べたメニューをセット発売

北京の朝食専門店、韓国・文在寅大統領が食べたメニューをセット発売

2017年12月18日、露通信社スプートニクの中国語版サイトによると、中国を国賓訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が夫人らと一緒に立ち寄った北京の朝食専門店「永和鮮漿」がこのほど、文大統領が注文した油条(中国式揚げパン)や豆漿(油条につけて食べる中国式豆乳)などを「文在寅セット」として販売開始した。

中国版ツイッターのウェイボー(微博)に投稿された画像によると、「文在寅セット」にはほかに小籠包(ショーロンポー)とワンタンが含まれ、値段は35元(約595円)。別々に注文するより8元(約136円)お得で、中国のフードデリバリーサービス最大手「ウーラマ(Ele.me、餓了麼)」でも注文可能だという。

中国メディアの観察者網によると、文大統領は訪中2日目の14日朝、金正淑(キム・ジョンスク)夫人や盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使夫妻と「永和鮮漿」を訪れ、豆漿4杯、ワンタン2杯、油条2本、小籠包2セット、計68元(約1157円)分を注文したという。

この話題について、中国のネット上には、韓国が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)を配備し中国との関係が悪化していることに関連し「THAADセットと呼んだほうがいい」という声や、THAAD配備をめぐり中国で韓国製品ボイコットが起きたことに関連し「永和鮮漿はボイコットに気を付けるべきだ」という意見もあった。

スポンサードリンク



また、韓国大統領にちなんだセットメニューであることから「キムチも添えれば完璧だ」という人もいた。 他に、日本でトランプ米大統領が食べたハンバーガーのセットメニュー「トランプセット」に関連し、「四川料理のトランプセットはまだか」と期待する声もあった。
http://www.recordchina.co.jp/

中国を国賓訪問した文在寅大統領が中国指導部と食事をせずに「一人飯」をしていることで論争が広がっていることに対し、青瓦台が15日、立場を表明している。 青瓦台関係者はこの日午前、青瓦台で記者団と会い、関連質問が出てくると「インドネシアで市場を訪れたように(14日午前の)朝食は韓国が企画した日程」としながら「(文大統領が)中国国民に身近な印象を残すことも重要な外交」と答えている。続いて「冷遇論が出てくる心配も分からないことはないが、(韓中首脳間の)会談内容を評価してほしい」とし「会談を予定よりも1時間長くしたのは初めて見た。(中国が)韓国を重視する認識の表れだとみている」と述べた。それから「冷遇論に同意できない」と強調した。

韓国メディアも都合よく記事を掲載するが、挙句に北京の朝食専門店が、文在寅大統領が食べたメニューをセット発売というのも中国らしい。何でも仕事やネタにする中国である。メニュー人気があるのかどうかは不明だ…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月20日 10:44 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp