韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  原発35基分の太陽光・風力発電設備30年までに建設へ 

原発35基分の太陽光・風力発電設備30年までに建設へ 

韓国産業通商資源部は20日、「再生可能エネルギー3020履行計画」を発表した。韓国の電力全体に占める再生可能エネルギーの割合を2016年の7%から30年には20%に引き上げることを目標に、出力が計48.7ギガワット(GW)となる再生可能エネルギーの発電設備を新たに備えることにした。これは発電能力1.4GWの原発なら35基に相当する。同履行計画は総額110兆ウォン(約11兆円)を要すると見積もられた。

再生可能エネルギーの比率を20%に上げるには、63.8GWの発電設備が必要という。既存の設備の出力は計15.1GWのため、新たに48.7GW相当の設備を設けなければならない。これは産業通商資源部が予測する30年の最大電力需要の約半分。再生可能エネルギーによる電力生産が天候に左右されやすいことを踏まえた。 新規設備のうち63%が太陽光発電、34%が風力発電となる。

産業通商資源部は28.8GWを発電会社の大規模事業により達成する計画だ。まず18~22年に5GW規模の事業を進める。残りの23.8GWについては、大手電力会社に発電量のうち一定量を再生可能エネルギー電力で供給することを義務付けるRPS制度を活用し、比率を段階的に引き上げることで事業参画を促す方針だ。





大規模事業以外の19.9GWは、自家用設備(2.4GW)と協同組合など小規模事業(7.5GW)、農家の太陽光発電(10GW)で賄う。自家用の太陽光発電の余剰電力は韓国電力公社が買い取ることにした。 産業通商資源部はこの履行計画を基に、「第4次新再生エネルギー基本計画」修正案をまとめ、来年初めの再生可能エネルギー政策審議会で確定する予定だ。
http://news.livedoor.com/

日本では、太陽光発電が急激に増えている。実際、羽田空港や成田空港の離発着時、窓から眺めていると太陽光発電パネルの多さに驚く! 何と2015年の1年だけで原発12機分に相当する1200万kW分の太陽光発電能力が増えていた。調べてみたら2014年も同じくらい増えており、今年を含め直近の3年だけで休止してる原発50機に匹敵する発電能力を確保できた事になる。昨年の夏は電力供給は終始余裕だった。発電能力は夏場のピーク時のためにムダを承知で確保しなければならない。ムダな分が減るだけで大幅に楽になる。おそらく今後天気の良い日の昼間の電力についていえば全く問題なくなる。それでも電力料金は福島だけで100兆円規模と言われている原発の廃炉費用捻出のため値上げされていくのだろう…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月20日 11:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp