韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人就業者にも雇用寒波…低賃金労働に集中し専門人材は5%

外国人就業者にも雇用寒波…低賃金労働に集中し専門人材は5%

製造業の構造調整の影響で今年外国人就労者が一年前より減ったことが分かった。依然としてかなりの数の外国人労働者が低賃金・長時間労働の働き口に集中していて、政府が対策まで用意して誘致を図ってきた専門人材の就業者はむしろ減少した。

20日、統計庁と法務部が発表した「2017年移民者滞在の実態および雇用調査結果」によると、今年5月基準で国内に91日以上滞在している15歳以上の外国人は122万5千人であり、このうち就業者数は83万4千人だ。国内滞在外国人の数は前年より2万6千人(2.1%)増えたが、就職者数は逆に1千人(1.0%)減少した。これによって、外国人雇用率も68.1%と前年より1.5%下落した。ビン・ヒョンジュン統計庁雇用統計課長は「造船業の構造調整の影響による製造業就業者の減少が、調査時点である今年5月まで続いた影響が大きかった。実際に他の地域に比べ釜山・蔚山(ウルサン)・慶尚南道など造船業中心地域の外国人就労者の減少が大きかった」と説明した。今回の調査は今年5月、短期未登録外国人を除く1万1千人余りの外国人を標本に行われた。

国内滞在外国人の昨年の月平均所得は「200万ウォン(約20万円)以上~300万ウォン(約30万円)未満」が39万4千人(32.2%)で最も多く、「100万ウォン強~200万ウォン未満」が36万5500人(29.8%)、「所得なし」(学生・主婦を含む)が28万7千人(23.4%)と集計された。月所得「300万ウォン以上」の外国人は9万6200人(7.9%)に止まった。外国人の賃金労働者79万9千人だけを抽出してみても、月所得200万ウォン未満の人は34万1200人(42.7%)に達した。ただ、月所得200万ウォン以上の賃金労働者の割合は昨年の46.5%から57.3%に上昇し、月所得200万ウォン未満の割合は53.5%から42.7%へと下がった。


外国人の賃金労働者の51%が「単純反復的な仕事」に、31.7%は「若干の実務知識と技術が必要な仕事」に従事していると答えた。「専門知識と技術が必要な仕事」をしているという回答は8%に止まった。特に長時間労働や雇用不安を負っている賃金労働者は、一年前よりさらに増えた。週あたり60時間以上働く外国人労働者は、昨年の20万8600人から今年は23万9400人へと14.8%増加した。また、常用職労働者は51万5千人から49万3千人になり、2万2千人(4.3%)減った一方、臨時・日雇い職は28万7千人から30万6千人へと1万9千人(6.8%)増えた。



主に食堂従業員など非熟練労働に従事する在外同胞(F-4)ビザを持った就業者数は、昨年の14万9千人から今年は18万2千名と3万3千人増えた。これに比べて「専門人材ビザ」(E-1~7)を持った就業者数は、2016年の3万9600人から今年は3万8200人(全体就業者の4.5%)に減った。これに先立つ4月、政府は「海外優秀人材誘致案」を出すなど、非専門・単純労働者中心の外国人移住を専門人材中心に変えるという政策を出したことがある。韓国開発研究院(KDI)のチェ・ギョンス人的資源政策研究部長は「外国人労働が低熟練労働を中心に劣悪な環境を甘受して行われるほど、彼らと競争関係にある低熟練の内国人労働者の労働環境も一緒に悪化する傾向がある」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/

紙パイプ製造会社の代表 アン・ソングン氏が語る。15人いる社員のうち8人が外国人です。フィリピン、カンボジア、ベトナムなどから来ています。みな誠実に仕事をしてくれます。外国人だからといって差別することはありません。本人が努力すれば、それには報いたいですから。労働者たちは寮に住み、食事も会社がまかなっている。休みは自由に行動できるので、いろんなところに出かけているようです。大きな利益を出している会社ではありませんが、家族のように一緒にやっている。そんな自負はあります。

うちのような中小企業の工場は肉体的につらい仕事なので、韓国人は働きたがりません。韓国人の社員もいますが、個人主義的で要求が多い。賃金の水準も高すぎる。中小企業は家族単位で経営しているところがほとんどで、大企業からコスト削減を求められることも常にあります。韓国人労働者が求めるような賃金アップは難しいのが現状です。外国人労働者の滞在期間は原則5年未満ですが、その間に「誠実労働者」として認められれば、一度帰国した後、再び韓国に来て働くことができます。会社の立場としては、仕事に熟練したら、もっといてほしいと思うものです。実際、私たち中小企業の経営者たちは、外国人労働者を割り振る地域の雇用センターに毎年、労働者がもっと長く働けるよう制度を改めてほしいと求めています。
詳細はこちら

韓国中小企業の現状と言える。仕事量がある中小企業では外国人雇用が多い。これは日本の成型企業を含めた中小企業製造にも言える事だ。外国人雇用がないと中小企業では経営が成り立たない。人件費が高い自国社員では無理と言うわけだ。これが若手の失業率を上昇させている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月21日 09:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp