韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  過去12年間のAI関連特許出願 韓国が世界3位

過去12年間のAI関連特許出願 韓国が世界3位

韓国の過去12年間の人工知能(AI)に関する特許出願件数が世界で3番目に多いことが21日、情報通信技術振興センター(IITP)の調査で分かった。 IITPが2005年1月から今年9月までに米国、日本、中国、韓国、欧州連合(EU)の特許庁が受け付けたAIに関する特許出願件数を調査した結果、件数が最も多かったのは米国で、2位が日本、3位が韓国だった。ドイツ、中国、フランス、オランダ、カナダ、英国、台湾が後に続いた。

 また2005年1月から今年8月までにオランダの学術出版社、エルゼビアのデータベース「Scopus(スコーパス)」に収録されたAIに関する論文の数では米国が最も多く、2位は中国、3位は日本、韓国は7位だった。

韓国の企業・機関・大学のうち、AIに関する特許を最も多く出願したのはサムスン電子で、3188件出願した。2位はLG電子(899件)で、韓国電子通信研究所(865件)、LGディスプレー(350件)、サムスンディスプレー(270件)、サムスン電気(207件)、現代自動車(113件)、韓国科学技術院(KAIST、91件)、SKテレコム(75件)などが後に続いた。AIに関する論文が最も多く掲載されたのは高麗大で259件。科学技術連合大学院大(UST、202件)、KAIST(201件)、延世大(198件)、ソウル大(173件)などが上位に入った。

今回の調査にはソフトウエア、ハードウエア、オンラインサービスなどあらゆる分野のAIに関する特許・論文が範囲に含まれた。 





IITPの関係者は「韓国は特にモバイル機器や無線通信などの分野でAIの特許活動が活発であり、その分野に関する数値が高くなった。またここ数年、主な企業がAIを核心戦略分野に指定し、研究開発(R&D)を強化したことも調査結果に影響を及ぼしたとみられる」と説明した。 また「韓国はAIの研究をリードする他国と比較すると、量的な面では一定水準の人的・物的基盤を備えたとみなすことができる。ただ、最近のAIの主流であるマシンラーニング(機械学習)などの分野ではわれわれがまだ先進国をまねる状況で、質的な優位があるとは言えない」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

量から質への転換が求められる近年、特許の分野でも同様に出願件数を争うステージから特許の質を求めるステージに移行しつつある。 しかし、一言で「特許の質」と言っても、その意味は一義的に定まるものではなく、その時の社会情勢や、「特許の質」を考える者の立場の違いによって、その意味も異なる。例えば、単純な例を挙げれば、特許を商品のアピールポイントにしているような場合には、その特許が存在していること自体に大きな意味があるため、無効になり難い特許が質の高い特許と考える傾向が強くなるだろうし、ライバル会社への権利行使を視野に入れて取得した特許であれば、権利範囲の広い特許が質の高い特許と考える傾向が強くなるものと思われる。

韓国の様にあタダ出願するでは内容が伴わないで高付加価値となりにくい。特許出願する企業レベルと、特許審査管のレベルにもよるが、日本は高付加価値を生むための特許へ移行しつつある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月21日 10:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp