韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国海洋警察が中国漁船に200発発砲

韓国海洋警察が中国漁船に200発発砲

2017年12月20日、韓国の排他的経済水域(EEZ)に入った中国漁船が韓国海洋警察から発砲された問題に関し、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は「重く受け止めている」との考えを示した。

同日付の観察者網によると、韓国・聯合ニュースは黄海地方海洋警察庁の発表として、19日午前、中国漁船40隻余りが全羅南道新安郡の紅島の西側海域に入り、海洋警察が中国漁船に向けて約200発発砲したことを報じた。

中国漁船は警告を無視してEEZに入り、うち6隻は警備艇に接近した際に警告射撃を受けたが退去せず、海洋警察は警備艇4隻から機関銃などを使って発砲。その後立ち去った中国漁船の被害状況は不明という。観察者網によると、韓国側は「中国漁船は天候の悪化に乗じて『越境』し、違法操業を試みた」ことを理由にしているとのことだ。

華報道官は20日の定例記者会見で「韓国側の報道を見たばかりだ。この件について『深い関心』を表明する。中国はこれまで関連海域における漁業の秩序を維持するための措置を積極的に講じてきた」と語り、韓国側に適切な対応を要求。人身に危害が及ぶような過激な手段は取るべきではないと表明した。
http://www.recordchina.co.jp/





韓国南西部の全羅南道沖合の黄海で19日、韓国の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業中の中国漁船44隻が韓国海洋警察の退去命令に従わなかったとして、海洋警察側が機関銃などで約200発を発砲したことが20日分かった。韓国の西海地方海洋警察庁が明らかにした。 中国漁船団はその後、EEZの外へ出た。韓国側は中国漁船の船首付近を狙って発砲、中国船の被害の有無は分からないという。 中国外務省の華春瑩副報道局長は20日の記者会見で「韓国側が安全を脅かすような過激な手段を取らず、中国漁民の安全と合法的な権益を適切に保障するよう希望する」と述べた。 韓国側の説明では、中国の漁船団の一部は、韓国側艦艇に体当たりを試みるなどして抵抗したという。

昨年11月2日、韓国の海洋警備安全本部(海洋警察)の警備艦が、中国漁船による違法操業と取り締まりへの暴力的な妨害活動を続けたとして、船体へ照準を合わせて機関銃を発砲した。韓国の海上警察当局が、違法操業の中国漁船に対して機銃を発射するのは初めてとなる。韓国の海洋警備安全本部は、1日午後、インチョン(仁川)の沖合の黄海で違法に操業していた中国漁船2隻をだ捕し、えい航していたところ、それを妨害しようと30隻余りの中国漁船が集まってきたとし、韓国側はこのままでは危険にさらされると判断して、船体に備えられた機関銃を使用し空中への警告射撃だけでなく、中国漁船の船体近くに向けても発砲し、合わせて600発ほど撃ったという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月21日 10:45 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
中国と韓国の経済関係の終焉
韓国が中国の漁船に発砲した事によって中国と韓国の経済関係が事実上終わったのでは無いか?
年明けからロウソクデモが復活するのか?
再度の大統領弾劾なのか?
[ 2017/12/22 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp