韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本に学べと言うけど「具体的には何を?」、「やっぱり民度だ」

日本に学べと言うけど「具体的には何を?」、「やっぱり民度だ」

中国のネット上では「日本に学ぶべきものは多い」という主張を見かけることが少なくない。日本には優れた点がたくさんあると多くの中国人が認識していると言えるが、具体的にはどのような点が学ぶに値することなのだろうか。 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本も完璧な国ではないが、それでも日本人の民度の高さは認めざるを得ず、学ぶべき点も少なくないと伝え、中国が学ぶべき日本の美点について伝えている。

記事はまず、「日本人が自発的に列に並ぶことができ、誰も割り込まない」ことを挙げ、日本では長蛇の列ができても割り込みなどによるトラブルはまず起きないと伝え、誰もが静かに列に並べることは中国にとって学ぶべき点であると主張した。中国も以前に比べれば列に並べる人が増えたが、それでも列への割り込みは往々にして見られる。割り込まれることを避けるため、列に並ぶ前の人との間隔をできるだけ狭くしてぴったりとくっつくように並ぶ人びとの光景を見ることもある。

さらに周囲の人への「配慮」も学ぶべき点だとし、たとえば日本の地下鉄では車内で大声で騒ぐ人はいないと指摘。携帯電話で通話する人も見られず、誰もが読書をしたり、携帯電話を見たりして静かに乗車していると指摘、話をするにしても小声で周囲の乗客の邪魔にならないよう配慮していると指摘した。中国の鉄道やバスでは携帯電話で話をする人は普通に見られる。周りの人も大して気にしていないように見えるが、やはりうるさいよりは静かな方が良いということなのだろう。





また、日本の鉄道では車両内に網棚が設置してあって手荷物を置いておくことができるほか、女性専用車両もあって女性客に対して配慮があると紹介。さらに駅にはコインロッカーがあるため荷物を持ってウロウロしなくて済むのは非常に便利だと指摘し、こうした点も「配慮」であると賞賛し、中国にとっては学ぶべき対象であることを強調した。
http://news.searchina.net/

民度とは特定の地域に住む人々の知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すとされる。明確な定義はなく、曖昧につかわれている言葉である。テレビ番組の内容が時代、地域の民度と連動しているとの考えも存在する。民度はかなり大きな人間のコミュニティに対して使われるものでしたが、今では国や民族などはあまり関係なく、小さな地域に住む人々を合わせたり、ほとんどは個人を対象に「民度」の程度を定めようとしている。

「民度が低い」と言うのは、そうした人間の行動などが一般的なものと比べて劣っていたり、悪かったりする場合に使うことが多い。つまり、その個人あるいは集団に属する人間たちが、一般的に見ても行動が粗悪であったり、ルールなどを逸脱したものであったりする場合に使われる。特に個人に対して「民度が低い」と言うことが多くなっている。他者を評価したり、蔑む表現として一般的な言葉となりつつある。日本とてマナーが守れない人は多い。日本の大きな課題と言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月22日 17:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
やっと気がつきましたか
民度です、民度。

お互いに他人のせいにしないで、民度を上げれば世の中過ごし易くなると思うのですが、なかなか難しいですよね。

国連は、国連が取り組むべき案件なのか疑問のある世界遺産等より、この辺のところに目を向ければ、世の中良くなると思うのですが。
[ 2017/12/22 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp