韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の観光業、再び中国に団体ビザ発給再停止か?

韓国の観光業、再び中国に団体ビザ発給再停止か?

高高度防衛ミサイル(THAAD)問題を巡って冷え切った中韓関係を好転させるべく韓国・文在寅大統領が年内に実現した訪中。しかし、その成果に対しては疑問の声が続出している。台湾メディア・中国時報電子版は20日、「大陸が再び韓国団体旅行の扉を閉じた」とする記事を掲載した。

記事は「文大統領の訪中によりやや緩和されたかに見えた中韓関係だが、再び低調な状態に入ってしまったようだ。北京市や山東省で開放された韓国への団体旅行のゲートが、再び閉められたとの情報が伝わってきた」とし、韓国・中央日報が北京の旅行会社関係者の話として「韓国への団体旅行客を集めたが、北京の観光当局に提出したビザの申請が拒否された」、「12月22日よりストップするらしい」と報じたことを紹介した。

また、北京の旅行会社5社がビザ手続きの申請を当局から却下されたとの情報に加え、ロイターも韓国の旅行会社関係者が「社長が北京や山東のパートナーから、1月より韓国団体旅行のビザが発給されなくなるとの話を聞いた」と語ったことを伝えているとした。記事はさらに、中国人観光客を専門的に受け入れる韓国の旅行業界団体関係者が、「来年2月には訪韓団体ビザが中国の全国に拡大されるという話なのに、こんなことになるとは思わなかった。理由は分からないが、今回のビザ発給拒否が中国政府内部の一時的なミスに過ぎないことを願う」と語ったことを伝えている。





実際に中国政府がビザ発給停止の指示を出したかどうかは不明であり、仮に出したとしても当局が正式に発表する可能性は低いだろう。ただ、中国人観光客の韓国訪問が、韓国側の思惑ほどスムーズには回復しない可能性が少なからずあることは、間違いなさそうだ。
http://news.searchina.net/

韓国のインバウンド専門旅行会社ネイル・ツアー・エージェンシーによると、中国当局が韓国を訪れる団体旅行を再び禁止したもよう。同社従業員が20日、ロイターの電話取材で明らかにした。この従業員によると、北京と山東省にある同社の提携先が来年1月から韓国行きの団体旅行を扱わないと伝えてきたという。従業員は中国当局によるビザ発給拒否が理由とみている。

中国政府が事実上、一部で解禁したとされる韓国行きの団体旅行商品の販売を再び禁じたことから、韓国の観光業界が懸念を強めている。11月と12月の中韓首脳会談を受け、韓国内では関係正常化への期待が高まっていた。背景は明らかになっていないものの、中国の韓国側への不満の表れと指摘する声もあり、両国関係の冷え込みが再び懸念されそうだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月23日 16:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国はもともとTHAAD制裁を解除していなかった?
THAAD制裁緩和の報道を中国の政府発表を聴いた覚えが無い。
何時もの事では有るが韓国メディアが中国がTHAAD制裁を解除したと煽り立てていた。
嘘も100回言えば本当に成るの韓国常識で突っ走っても中国には通用しなかっただけの事だったのでは無いか?
己の妄想で突っ走り、行き詰ったら火病を起こす。
何時もの韓国人であった。
[ 2017/12/23 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp