韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  抗日ドラマ「中国人ですら信じていないのに、日本人が信じるわけない」

抗日ドラマ「中国人ですら信じていないのに、日本人が信じるわけない」

中国では毎日のようにテレビで抗日ドラマが放送されており、多くの人が視聴している。しかし、その抗日ドラマは近年、史実に基づいていない描写があるとして批判の対象となっている。中国メディアの今日頭条は19日、「抗日ドラマに対する日本人の意見を聞くと、中国人は赤面せざるを得ない」と題する記事を掲載し、中国で放送されている抗日ドラマについての日本人の見方を紹介している。

近年、中国では抗日を題材にしたドラマが増えているが、記事は「抗日ドラマの数は増えているが、内容的に良質なドラマは少なくなっている」ことを指摘。中国人でさえ、抗日ドラマの内容を鼻であしらったり、嘲笑するようになっていることを紹介している。

続けて、日本では歴史が曲げられて教育されていると主張し、それゆえ「中国人ですら鼻であしらっている抗日ドラマを日本人が見たら、日本人は果たしてどう思うだろうか」と疑問を投げかけ、日本人はきっと「中国人は歴史を捏造している」と感じるに違いないと主張。中国兵が日本兵を手刀で切り裂き、何キロも離れたところから銃で日本兵を撃ち殺すといった描写は中国人ですら信じていないのに、日本人は「なおさら抗日ドラマの内容を信じることができないはずだ」と論じた。





さらに記事は、一部の日本人が中国の抗日ドラマに対し、「抗日ドラマの描写は中国が歴史を尊重していない証」であると主張していたと伝えつつ、抗日戦争で敵として戦った日本側からこのような指摘があること自体が「中国人にとって赤面もの」であると強調した。これに対して中国のネットユーザーからは、「結局どの抗日ドラマも美女が出てくる展開だし、衣装も当時ではありえないものばかりだ」、「抗日ドラマは見ていると寒い思いをするから見ない」といった意見が寄せられていて、中国人も抗日ドラマの描写に対して疑問を抱いていることがよく分かった。
http://news.searchina.net/

中国では毎日のように抗日ドラマが放送されており、幼少のころから「旧日本軍=悪」と刷り込まれて育つ中国人は少なくない。だが、近年の抗日ドラマは演出が過剰だという批判も多く、中国共産党機関紙・人民日報が過剰演出に苦言を呈したこともある。 これまでには「手榴弾で飛行機を撃ち落とす」、「旧日本兵を手で切り裂く」といった演出が批判の対象となったが、演出を過剰にすることは事実を捻じ曲げる行為であるという指摘もある。また、過剰演出は中国の視聴者にとっても理解不能なようで、「抗日神劇」であると揶揄されるようになっている。

抗日ドラマでは「日本兵は数メートル離れた場所から銃を撃っても当たらない」など、日本兵が「極端に無能」に描かれている一方、実際は極めて強かった。所詮はドラマである。韓国などは妄想ドラマである。抗日神劇とは、中国のインターネットユーザーによるスラングで、中国圏で製作される日中戦争(抗日戦争)などをテーマにしたテレビドラマや映画などにしばしば登場する現実離れしたストーリーを指す。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月24日 10:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp