韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  液晶パネル、中国の逆襲で揺らぐ韓国企業の独壇場

液晶パネル、中国の逆襲で揺らぐ韓国企業の独壇場

半導体とともに韓国の部品輸出をけん引してきたディスプレー産業の危機が本格化している。ディスプレーは年初来、韓国の輸出全体の4.8%を占め、スマートフォンとその部品(3.9%)、家電(1.6%)よりも割合が高かった。 ところが、最近液晶パネルの価格が急落し、収益性が低下している状況で、中国企業が生産量を大幅に増やし、攻勢をかけている。特にLGディスプレーとサムスンディスプレーなど韓国企業の強みである有機発光ダイオード(OLED)パネルでも韓国、日本のライバルが登場し始めた。

産業研究院のチュ・デヨン研究委員は「中国、日本勢がディスプレーへの投資を拡大し、韓国の技術的優位が消えつつある。OLEDの生産割合をもっと増やし、次世代技術の開発にも積極的に投資しなければ、危機を克服することはできない」と述べた。 韓国ディスプレー業界の不振は、中国発の供給過剰による液晶パネル価格の暴落が決定的な影響を与えた。市場調査会社IHSマークイットによると、今年6月に221ドルだった55インチ液晶パネルの価格は9月には193ドルに下落。現在は185ドルで推移している。

ある電子業界関係者は「液晶パネル市場は既に供給過剰状態であり、中国企業が生産量を増やしている」と話す。実際に中国液晶パネル最大手の京東方科技集団(BOE)をはじめ、華星光電(CSOT)、台湾の鴻海科技集団(フォックスコン)は来年から2020年までに液晶パネル工場7カ所を稼働させる予定だ。IHSマークイットは「中国企業の液晶パネル生産量増加で、22年まで全世界のディスプレー供給の伸び率は年平均59%に達する」と予想した。





LGディスプレーは2009年第4四半期(10-12月期)以降、31四半期連続で守ってきた液晶パネル出荷量首位の座を今年第3四半期(7-9月期)にBOEに奪われた。サムスンディスプレーは大型液晶パネルの割合を33%まで減らし、事実上液晶ディスプレー市場から撤退する方向に向かっている。 ハンファ投資証券のアナリスト、イ・スンハク氏は11日、こうした状況を踏まえ、テレビ用の大型液晶パネルの生産割合が高いLGディスプレーの10-12月期の営業利益を当初予想の3430億ウォン(約353万円)を38.5%下回る2110億ウォンに下方修正した。1-3月期に比べ、営業利益は4分の1以下にまで減少することになる。
http://www.chosunonline.com/

2017年1月、大型TFT液晶パネル出荷数で初めて世界首位となったのは、中国のBOEで、大型パネル出荷数で初の首位となった。液晶といえば、「シャープ」や韓国の「Samsung」「LG」といった企業名を思い浮かべる方が多いが、今回のランキングで2位はLGで、Samsungは5位、シャープはトップ5に入っていません。BOEはこうした名だたる企業を抑えて、1位を獲得したわけです。液晶業界でも、半導体と同様に“プレーヤーの交代”が顕在化している。今後普及が進むと予想される「65型8K」の超大画面・超高精細テレビの市場。この新しい市場で、BOEを始めとする中国企業が、シャープやSamsung、LGに取って代わる可能性は高い。それどころか、今後の世界の液晶事業の主導権を握る可能性すらあります。積極果敢な投資計画のもとで、第8.5世代以上の大型テレビ用の新工場を矢継ぎ早に建設しており、競合他社を圧倒できる量産規模を持つようになる。

BOEは、2014年第1四半期に安徽省合肥市、2015年第1四半期に四川省重慶市で、それぞれ第8.5世代工場を稼働させた。さらに、2017年は福建省福州市で第8.5世代工場、2018年は合肥市で第10.5世代工場を稼働させる計画だ。一連の積極果敢な投資が、BOEを液晶世界一の座に押し上げつつある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月24日 11:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp