韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ホテル業界、客室過剰が深刻化

韓国ホテル業界、客室過剰が深刻化

ソウル市の仁寺洞にあるハナツアーのセンターマークホテルは今年1?9月の売上高が前年同期比41%減の39億ウォン(約4億800万円)にとどまった。客室稼働率も78.6%となり、前年同期(82.6%)を下回った。

 ハナツアーは2012年、センターマークホテルを開業した。昨年明洞に開業したティーマーク・グランドホテル明洞などを含め、韓国3カ所、海外2カ所のホテルを経営している。大半が3つ星か4つ星クラスのビジネスホテルで、当時急増していた中国人団体観光客の需要を狙った。自社が運営するSM免税店との間にシャトルバスを運行し、相乗効果に期待した。しかし、今年は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題と北朝鮮の核危機による直撃を受けた。ハナツアー関係者は「中国人観光客の減少とホテル間の競争過熱による影響が大きかった」と述べた。

3?4年前まで客室不足を心配していたホテル業界だが、最近は客室過剰に揺れている。ホテルの客室数が最近5年間で42%急増した半面、外国人観光客が期待ほど伸びなかったからだ。韓国文化体育観光部(省に相当)によると、韓国のホテル数は2012年の683カ所(客室数7万4737室)から昨年には971カ所(10万9880室)へと増えた。外国人観光客が初めて1000万人を超えた12年に客室不足が問題となったため、「観光宿泊施設拡充のための特別法」を制定し、ホテル数を大幅に増やしたからだ。当時明洞の3つ星ホテルの宿泊料金は20万ウォン台、客室稼働率は90%半ばで推移していた。





こうした中、最近数年でソウル都心に3つ星、4つ星のビジネスホテルが次々と生まれた。同法は当時国策シンクタンクが「18年には外国人観光客が2000万人訪れる」と予想したことを根拠としていた。 問題は増えるはずだった外国人観光客が15年の中東呼吸器症候群(MERS)流行で減少したのに続き、今年はTHAADと北朝鮮核問題で1200万人(予想)にとどまることだ。 このため、韓国最大のホテルであるロッテホテルも今年1?9月の売上高(宿泊部門)が前年同期比4.4%減の5064億ウォン、営業赤字は2倍の940億ウォンを記録した。同じ期間に新世界朝鮮ホテルも売上高が18%減の4527億ウォン、純損益は赤字幅が2倍に達した。
http://news.livedoor.com/

韓国・亜洲経済によると、米韓が高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定を発表した後、韓国を訪れる中国人観光客が急減し、韓国のホテル業界は危機に直面している。来月1日に韓国最大級の客室数を誇る「ソウルドラゴンシティホテル」までオープンすると、供給過剰がさらに深刻化することが懸念されている。ソウル市に登録されているホテルの数は、今年第2四半期基準で373軒、部屋数は4万9566室ある。「観光宿泊施設拡充のための特別法」施行前の2011年のホテル数148軒、部屋数2万5160室に比べて爆発的に増加している。

この法律は、当時の李明博政府が、中国人観光客が急増する中、現有の宿泊施設では足りないとして2012年7月に導入した。ホテル許可基準が大幅に緩和され、建設ラッシュを迎えた。だがTHAAD配備をめぐる対立で、今年1~7月に韓国を訪れた中国人観光客は前年同期に比べ46.5%も急減し、ホテル業界では供給過剰が深刻化している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月24日 11:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp