韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の公取、再びAppleを標的に?iPhoneのチップが特許侵害?

韓国の公取、再びAppleを標的に?iPhoneのチップが特許侵害?

韓国の理工系国立大学である韓国科学技術院(KAIST)が、iPhoneやiPadに、同大学の半導体製造技術が無断で使用されていると訴えたのを受け、韓国公正取引委員会が動き出した模様です。しかし、主張には不可解な点もあり、背後にSamsungの意向が働いているのではないか、とも指摘されています。KAISTがAppleに権利を侵害されたと主張しているのは、finFET(fin field effect transistors)と呼ばれる、半導体の集積度を上げることで小型化と低消費電力化に効果のある製造技術です。

同技術を用いて製造されたチップは、iPhone Xをはじめ、iPhone6s/6s Plus、SE、7/7 Plus、8/8 Plusといった、2015年以降のiPhone各モデル、iPadシリーズに搭載されています。韓国の公正取引委員会は、この訴えを受けて捜査を開始するかどうかの審査を開始しており、捜査が始まれば通常、6カ月から10カ月で結果が出るとのことです。仮に、Appleが同大学の特許を侵害していると判断された場合にはAppleの韓国法人に対して、年間売上高の30%に当たる罰金が科せられます。

Apple関連の特許情報に詳しい米メディアPatently Appleは、finFET技術の開発段階で関わっており、技術的にも先行しているのは台湾のTSMCであり、KAISTではない、と指摘しています。また、同技術の使用についての訴えが、チップを製造しているTSMCではなくAppleを対象としていることから、KAISTの訴えには政治的な思惑があり、背後にはKAISTと近い関係にあるSamsungの後押しがあるのではないか、と推測しています。





ちなみに、iPhone6s/6s Plusに搭載されたA9チップにはSamsung製とTSMC製があり、Samsung製のA9チップは消費電力が異常に多い、との指摘が相次ぎ「チップゲート」として騒ぎになりました(その後の調査の結果、大きな差はない、とされています)。翌年に発売されたiPhone7/7 Plus以降、iPhoneに搭載されているAシリーズチップは、全てTSMCが製造しています。韓国とAppleといえば、iPhone Xの発売直前に公正取引委員会によるApple韓国法人への家宅捜索が入り、政治にも強い影響を持つSamsungの意向を汲んだ当局による、iPhone X発売の妨害ではないか、とも言われました。韓国初となるApple Storeが2018年1月か2月、あるいは12月30日にもオープンすると言われるタイミングでの今回の訴えだけに、今後の動向によっては波紋を呼びそうです。
http://news.livedoor.com/

米ウイスコンシン州西地区の米連邦地方裁判所は現地時間2015年10月13日に、米Appleがモバイル端末向けプロセッサに関して米ウィスコンシン大学の特許を侵害したとする判決を下したと、複数の海外メディア(英Reuters、米Engadget、米CNETなど)が報じた。ウィスコンシン大学マディソン校の特許管理団体であるWisconsin Alumni Research Foundation(WARF)は、Appleが「iPhone」および「iPad」の一部モデルに搭載しているプロセッサに同大学の特許技術を不正使用したとして、2014年1月に同社を提訴していた。

現在、Qualcommは、Appleが、キャリアインテグレーションに関する6つのQualcommの特許とiPhoneが通信中にバッテリ寿命を節約する技術について、Qualcommの特許を侵害しているとして、莫大な特許使用料を求めて提訴している。さらにAppleがこれを拒否すると、さらに米国内へのiPhoneの輸入停止を求めて、さらに逓送し、両者の関係は泥沼化している。Apple側は、Foxconnなどのキャリアも同時に訴えられているため、サプライヤーと協力してQualcommと徹底的に争う姿勢だ。しかし、今回、Appleは別の方法で反撃に出た。それはQualcommのモバイル向けチップ(SoC)「Snapdragon 800と820」について、プロセッサの電力消費を抑えるためのスリープ・ウェイク機能などを含む少なくとも8つ特許を侵害しているとして提訴した。そして今回の記事となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月24日 11:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
又始まったクレーム狂サムスンの乱心
このバカな茶番劇がギャラクシーの没落を決定的にする。
さらにアイホンの部品をサムスン排除に動き出すだろう。
自分で自分の首を絞める事も解からない様だ。
[ 2017/12/24 12:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp