韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  F35を購入した日本、中国軍機の監視に使えないうえJ20にかなわない

F35を購入した日本、中国軍機の監視に使えないうえJ20にかなわない

2017年12月21日、新浪は、中国空軍が遠海訓練の規模や範囲を拡大し続ける状況に、日本が「対応しきれない」と悲鳴を上げているとするコラムを掲載した。

記事は「資料によれば、日本は中国軍機への対応を主にF15J戦闘機に頼っている。航続距離の長さ、速度の高さにより真っ先に現場に駆けつけられることが長所だが、その製造期間は1981年から1998年であり、古いものは既に35年、新しいものでも19年と延命措置が必要な時期に差し掛かっている。近年の中国による遠海訓練強化によって『老体』はますます疲弊しているのだが、悲惨なことに米軍は既にF15戦闘機の延命計画を取りやめつつあり、F35戦闘機に世代交代させようとしている。日本が抱いていたF15Jの改良計画は水泡に帰してしまった」と伝えている。

そして「日本は性能でF15Jを大幅に上回るF35A戦闘機を購入したが、F35Aには中国軍機の監視任務を担う上で重大な問題がある。F35Aは高いステルス性能を持っているが、中国軍機の周辺で堂々と飛んでしまっては、中国側に電磁信号を収集される可能性が大きくなり、今後の戦闘能力に極めて重大な影響を及ぼすことになるのだ」という専門家の見解を紹介した。

また、日本メディアからは「F15Jが老朽化し、新世代のF35は派遣できない。今後中国軍機が堂々と日本周辺に姿を見せても、航空自衛隊はどうすることもできない。おまけに将来中国がJ20を遠海訓練に出動させるようになれば、日本は発見することさえできなくなる」との嘆きが、日本のネットユーザーからは「日本の行動は米国のためのアルバイトなのだから、軍機のメンテナンス代を米国に請求すべき」との声が出ていると紹介した。
http://www.recordchina.co.jp/


米ジョージア州ロッキードマーチン社の工場で生産された新型ステルス戦闘機1機が離陸した。この工場で生産された同じ機種の戦闘機と違う点は、機体と翼に日章旗が描かれている点だ。日本の航空自衛隊に初めて実戦配備されるF-35A戦闘機だった。日本は42機のF-35を順に導入し、青森県三沢基地に配備する方針だ。42機のうち4機はロッキードマーチンで生産し、残りは日本の三菱重工業で生産する。老朽化したF-4EJ戦闘機の代わりに航空自衛隊の主力機F-15Jとともに運用する予定だ。



中国西南部四川省成都の試験飛行基地の上空を飛行する灰色のステルス戦闘機の写真が、中国インターネットサイトに掲載された。中国当局は公式確認をしていないが、観察者網など中国メディアは専門家らの話を引用し、「開発を終えて工場生産に入ったJ-20(殲-20)が初めて中国空軍に引き渡された」とし「初期配備は4機」と報じた。J-20はロシア製エンジンを利用して中国が独自で生産したステルス戦闘機。2010年に開発に入って6年目だ。軍事評論家の陳光文氏は「各生産ラインで月に2機ずつ開発する量産体制に近く入る見込み」とし「2018年初めには計36機のJ-20が配備されるだろう」と述べた。中国はその間にエンジンも国産化する方針だ。

F-35、J-20ともに最先端ステルス機能を備えた第5世代戦闘機に分類される。偶然の一致か意図的な結果かは分からないが、日本と中国がほぼ同時に第5世代戦闘機を実戦配備し始めた。米空軍制服組トップは、中国軍の最新ステルス戦闘機「殲20(J-20)」を、30年前に米国と同盟国が共同開発した初期型のステルス戦闘機程度の能力とみなしている。ゴールドフェイン参謀総長は「J-20とF-35の比較はほとんど無意味」とし、自身が第一世代のステルス戦闘機のパイロットであった経験から、J-20は第一世代であるF-117との比較が適当との見方を示した。

つまり、30年前の米国のステルス戦闘機の能力であることを明かした。米政府系ボイス・オブ・アメリカによると、1999年に北大西洋条約機構(NATO)軍の旧ユーゴスラビア空爆に参加した米軍は、セルビア軍の地対空ミサイルによってでF-117が一機、撃墜されている。その残骸が中国へ運ばれ、現在の「J-20」の開発に利用されたとしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月25日 09:32 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
へぇ~そんなに中国はF35が恐いんだ
中国が必死になればなるほどF35に怯えている事が解かる。
[ 2017/12/25 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp