韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  スマホのみのインターネット利用がPC併用を上回る iPhoneが半数超

スマホのみのインターネット利用がPC併用を上回る iPhoneが半数超

LINEが実施した調査の結果、インターネット利用者の46%がスマートフォン(スマホ)のみを利用しており、スマホとPCの併用者の39%を上回りました。また、10代と20代の7割以上がiPhoneユーザーです。LINEは12月22日、半年に一度実施しているインターネットの利用環境定点調査(2017年下期)の結果を公表しました。

調査は、2017年10月に全国の15~59歳の男女を対象として調査員による個別訪問留置調査で行われており、人口構成比に沿って抽出した763名から回答を得ています。職場や学校を含む週1回以上のインターネット利用者が利用する端末は、スマホ利用者が85%、PC利用者が46%でした。スマホのみ利用者が46%と、スマホとPC併用者の39%を上回りました。この傾向は、半年前の前回調査と同様となっています。

スマホ利用者が使っているスマホは、全体ではiPhoneが58%、Androidが44%で、iPhoneがAndroidを上回りました。年代別では、10代の72%、20代の76%と、7割以上がiPhoneを使っており、若年層でiPhone利用者の割合が高くなっています。iPhone利用者は、30代で53%、40代で47%、50代で49%と、30代以上ではほぼ半数程度となっています。
http://news.livedoor.com/





日常的にインターネットを利用する環境において、「スマホ」でのインターネット利用者は全体の85%。対して「PC」での利用者は46%。構成比としての最多は「スマホのみ」での利用者で約半数にものぼり、「スマホとPC」の併用者は4割弱と、スマホのみが、スマホとPCの併用者を上回る結果に。「PCのみ」での利用者はわずか6%という。

「タブレット」や「ガラケー」を含んだ比較においても、全世代ともにスマホでの利用率が高く、メインデバイスとしてスマホを利用していることがうかがえる。10~30代では9割超、40代でも9割弱、50代でも6割強が利用しているという。なお10代のPCでの利用率は25%に留まるが、20代以上においては主に職場などでの利用により、PC利用率が高まるという。タブレットでの利用率は全体で19%、ガラケーでの利用率は全体のわずか6%としている。

同社では、日常的なインターネット利用をスマホのみで行なっている利用者が約半数に達していることから、スマートフォンは携帯電話端末の延長としての利用のみならず、従来のPCやタブレットに代わる、インターネットにアクセスするための情報取得端末としての需要が高まっているという。そして今後の普及に伴い、人々の生活に重要な役割を担っていくと考えられるとまとめている。

PCは仕事では使うけどプライベートではあまり使わない…むしろ持っていない、という方も意外と多そうな気もする。今はタブレットあるわけで、私はタブレットを使ったら、今ではタブレットは主体です。タブレットは意外な盲点で、使い慣れるとタブレット使用から戻れないです。個人的には、今後タブレットの奮起を期待したいのですが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月25日 10:28 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp