韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、F35B導入検討…航空母艦戦力も備えるか

日本、F35B導入検討…航空母艦戦力も備えるか

日本政府が航空母艦用戦闘機の導入を本格的に検討していると日本のメディアが報道した。 共同通信と東京新聞は25日、匿名の政府関係者の話を引用して、防衛省が海上自衛隊の保有するヘリコプター搭載型護衛艦として運用することを念頭に置き、米国の最新鋭ステルス戦闘機F35Bの導入を検討していると伝えた。F35B戦闘機が搭載された護衛艦は、事実上航空母艦と見ることができ、日本の軍備が次元の異なる段階に進入するとも言える。固定翼戦闘機を搭載する空母を保有する国家は、米国(11隻)、中国(2隻)、イタリア(2隻)、ロシア(1隻)、フランス(1隻)、英国(1隻)、インド(1隻)、スペイン(1隻)だ。

共同通信は、空母用戦闘機の導入は「攻撃型空母の保有は許容しない」という既存の政府の立場にも反すると指摘する。日本は、専守防衛(武力攻撃を受けた時にのみ防衛力を行使し、その行使は最小限に止める)を原則としているが、長距離攻撃手段である空母を運用することは、専守防衛違反論議を招きかねない。 共同通信は、日本政府がすでに導入を決めたF35A戦闘機42機中の一部をF35Bに変更するなり、別に追加購入する方案を推進し、来年に再検討される「防衛計画大綱」にもこのような計画を含む方案を想定していると伝えた。F35Bは、航空自衛隊が運用する予定のF35Aの派生型で、米海兵隊に配備された機種だ。空母より甲板が短い強襲揚陸艦にも搭載できるようにするため短距離滑走路による離陸と垂直着陸機能を備える。





日本防衛省は、F35Bを導入すればまずは宮古、石垣、与那国など中国と領有権紛争がある尖閣諸島(中国名 釣魚島)近隣の島々に対する警戒に使用し、運用範囲を次第に拡大するものと見られる。そのために、この地域の空港のうち一部を軍事的に使えるよう該当地域と協議するものと見られる。F35Bの導入は、南シナ海と東シナ海での中国牽制を念頭に置いたものだ。日本は将来的にはF35Bを、ヘリコプター搭載可能な大型護衛艦「いずも」と「かが」で運用する方案を念頭に置いている。戦闘機が離陸できる“スキージャンプ台”を設置するなど、二隻の大型護衛艦を改造し軽航空母艦として運用する案を考慮中だ。
http://japan.hani.co.kr/

衛艦「いずも」などに搭載可能と言われる、アメリカ製のF35B戦闘機の導入を防衛省が本格検討していると12月25日、共同通信が報じている。F35Bは、最新鋭ステルス戦闘機「F35」で、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)ができるようにしたバージョンのことだ。在日米軍が山口県の岩国基地に配備している。Responceによると、F35Bは艦上での運用を前提としているため、短距離離陸(STOL)ができる。また、搭載兵器を使い果たしたり、燃料を消費して機体が軽くなった状態では垂直着陸(VTOL)も可能になっている。短距離離陸も、垂直着陸もできるため「STOVL機」などと称されている。

共同通信によると防衛省が既に導入を決めた空軍仕様のF35A戦闘機のうち、一部をB型に変更する案、別に追加購入する案があり、2018年後半に見直す「防衛計画の大綱」に盛り込むことも想定しているという。一方、自衛隊が配備する護衛艦「いずも」型は全長248mで、空母のように艦首から艦尾まで続く「全通甲板」を持ち、ヘリコプターを搭載できる。現在、同型護衛艦は「いずも」と「かが」の2隻ある。潜水艦を探知する哨戒ヘリコプターなどを9機運用できる。機関砲を移転するなど甲板を改装すれば、F35B戦闘機にも対応できると見られている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月26日 09:44 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp