韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国は2032年に世界一の経済大国に

中国は2032年に世界一の経済大国に

2017年12月26日、ロイター通信によると、英経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)は同日発表した報告書「2018年世界経済ランキング」で、インドの経済規模は来年、英国とフランスをしのいで世界第5位になると予測した。

また、中国は32年、米国を超えて世界一の経済大国になるとみている。鳳凰国際が伝えた。

報告書によると、CEBRは世界経済の先行きを楽観視しており「低価格のエネルギーと技術から利益がもたらされる」と分析した。インドは今後15年間、世界の経済共同体トップ10の中で存在感を増していくとしている。

CEBRのマクウィリアムス主席は「一時的な停滞はあるにせよ、インド経済は来年フランスと英国を超える規模になる」と予測したという。

報告書はまた、トランプ大統領が米経済に与える影響は大きくないと指摘。欧州連合(EU)からの離脱を表明した英国が受ける打撃も限定的で、20年にはフランスを抜き返すと予測した。

しかし、現在世界11位のロシア経済は、32年には17位に順位を下げるとみているという。
http://www.recordchina.co.jp/


2017-20-28-k003.jpg

NHKは、イギリスの民間調査機関が、世界経済について15年後までを見通した報告書をまとめ、GDP=国内総生産の規模は中国が世界1位に、インドが3位に上昇するなどアジアの国々が世界経済のけん引役になるとの見方を示した。この報告書はイギリスの民間調査機関「経済ビジネスリサーチセンター」が、世界経済について15年後の2032年までの見通しをまとめ、26日に発表した。

それによりるとGDPの規模は、現在世界2位の中国がアメリカを抜いて1位になり、現在7位のインドも、ヨーロッパの経済大国や日本も抜いて世界3位になるとしている。さらに報告書は、上位10か国の中に日本のほか、アジアから新たに韓国とインドネシアが加わる一方で、イタリアが8位から13位に転落するなど、ヨーロッパ各国が厳しい局面を迎えるとしている。調査の担当者は「ヨーロッパ各国が順位を落とし、アメリカが1位の座を明け渡す一方で、世界の上位10か国の半分をアジアの国々が占めることになる」と述べ、アジアの国々が世界経済のけん引役になるとの見方を示した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月28日 09:50 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp