韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、過去最大90万台をリコール

現代自動車、過去最大90万台をリコール

現代(ヒョンデ)自動車が過去最大規模のリコールを実施する。2004年1月から2013年12月までに販売された「NFソナタ」51万265台と、2004年9月から2010年12月までに販売された「グレンジャーTG」40万5018台が対象だ。両車種合わせて91万5283台をリコールするもので、これまで最大のリコールは2013年に「アバンテ」など現代・起亜(キア)自動車19車種を対象にした82万台だった。

国土交通部自動車政策課のパク・デスン課長は「現代自動車側からリコールをすると申し出があり、来年1月4日から対象車両に対するリコールを実施することにした。すでに生産終了した車種だが、車両の老朽過程で欠陥が見つかったもの」と話した。今回のリコールは現代自動車部長だったキム・グァンホ氏が提起した部分とは別だ。キム氏は現代自動車のエンジン欠陥とリコール未実施などを国土交通部、国民権益委員会、米運輸省などに申告し、これを受けシータ2エンジン、トレーリングアーム、DPF損傷の可能性などが提起され、現代・起亜自動車は今年約123万台に対しリコールを実施した。

パク課長は「NFソナタとグレンジャーTGは電子装置(ABS/VDCモジュール)電源供給部分でショートが起き火災が発生する可能性があることが確認されリコールをすることになった」と説明した。ABS/VDCモジュールは自動車のスリップ防止のためにブレーキとエンジン出力などを電子的にコントロールする装置だ。現代自動車サービスセンターで無償で修理(電源制御装置追加装着)を受けることができ、修理に所要する時間は30分ほどだ。





今回のリコールと関連し現代自動車では自動車所有者に郵便と携帯電話のショートメッセージで対応方法などを知らせる。また、リコール実施前に自動車所有者が欠陥内容を自費で修理した場合にはメーカーに修理費用に対する補償を申し込むことができる。リコール開始は1月4日に決まっているが、期限はない。その他問い合わせ事項は現代自動車(080-600-6000)に連絡すれば良い。
http://japanese.joins.com/

2017年6月16日、韓国・毎日経済によると、現代・起亜自動車のリコール件数が大きく増えており、今年の韓国内リコール台数が過去最大なる可能性が出てきたち報じたばかりである。国土交通部と環境部によると、今年に入り安全性・排ガスなどの問題で、リコールの決定が下された国産・輸入車は全398車種、83万5910台に達し、その約67%が現代・起亜車だという。 上半期が終わってない状況で、すでに昨年1年間のリコール台数(67万3868台)を超えている。年間規模にすると、2010年以降で最多のリコールが行われた2014年(114万4323台)より多くなるという観測も出ているとしていた。

記事では、今回のリコールは現代自動車部長だったキム・グァンホ氏が提起した部分とは別だ。キム氏は現代自動車のエンジン欠陥とリコール未実施などを国土交通部、国民権益委員会、米運輸省などに申告し、これを受けシータ2エンジン、トレーリングアーム、DPF損傷の可能性などが提起され、現代・起亜自動車は今年約123万台に対しリコールを実施したと掲載している。 現代自の品質低下は加速するばかりだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月28日 10:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
負のスパイラルに嵌ってしまった
現代・起亜自動車は世界中で売上を落としている。
シェアを確保するために価格を落とす。
製造コストを落とすしかない。
品質低下、欠陥を生む。
リコールが発生する。
さらに収益が悪化する。
さらに売れなくなる。

[ 2017/12/28 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp