韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「日韓慰安婦合意は1ミリも動かず」安倍首相の強い決意

「日韓慰安婦合意は1ミリも動かず」安倍首相の強い決意

2017年12月28日、安倍晋三首相が、慰安婦問題をめぐる日韓合意について「1ミリも動かず」と強い決意を示したことが、中国でも話題となっている。

報道によると、慰安婦問題をめぐり、日韓両政府が合意した過程を検証していた韓国外務省の作業部会は27日、「被害者の意見を十分に集約しなかった」「発表内容以外に非公開の部分があった」などと、朴槿恵(パク・クネ)前政権の対応を批判する報告書を発表した。

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は「報告書を土台に、被害者、関連団体、専門家の意見を謙虚に集約し、韓日関係に与える影響も勘案して、政府の立場を慎重に作り上げていきたい」と述べた。一方、河野太郎外相は「断じて受け入れられない」と韓国政府の見直しの動きを強く批判。安倍首相も周囲に「合意は1ミリも動かない」と指摘したという。

この報道について、中国のネット上では「朴女史は真の売国奴だ」「国が恥辱を被るような内容であったとしても、合意したからには前言を取り消すことはできない」など韓国側の対応に批判的な声が多かった。

また「約束破りは韓国のお家芸だ」と指摘する人もいた。 安倍首相の「1ミリも動かず」については「韓国に好き勝手させないという安倍氏の意志は固いようだ」「中国と同じように強い意志を示せば、韓国は何もできなくなる」という声もあった。
http://www.recordchina.co.jp/





日本経済新聞は、日本政府は慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について、韓国側に着実な履行を要求する考えを重ねてしているとし、今回の検証結果に関し表向きは静観するが、韓国政府への不信が広がると伝えており、安倍晋三首相は周囲に「合意は1ミリも動かない」と指摘し他と報じている。日本側は韓国政府が追加的な措置などの要求を持ち出しても一切応じない方針だ。

また菅義偉官房長官は27日、韓国側の発表に先立つ記者会見で「粘り強くありとあらゆる機会に合意の着実な実施を強く求めていく」と強調した。日本政府は今年1月、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに反発し、長嶺安政駐韓大使を約3カ月間、一時帰国させる強硬対応を取った。一方、5月に文在寅政権が発足して以降は「慰安婦の日」の制定など合意に逆行する動きはあったものの、首脳間の対話の維持を優先して抑制的な対応をとってきた。

今回も検証結果そのものへの表だった反発は避けた。しかし、首相官邸や外務省は韓国側に対する不信感を募らせている。外務省幹部は「国家間の合意をあまりに軽く見過ぎている」と憤る。 日本政府は今後、韓国政府が追加的な措置などを新たに求めてきたとしても一切応じない構え。打開策のボールは韓国側にあるとの姿勢だが、革新系を支持基盤とする文政権への過度な期待もないのが実情だ。安倍首相が平昌冬季五輪への招請に返答を控えているのも、日韓関係の展望が見通せないからだとした。

北朝鮮を巡る情勢が緊迫するなか、米国とともに韓国との密接な連携は不可欠としており、西村康稔官房副長官は27日、都内で記者団に「北朝鮮の状況を鑑みれば、日韓が緊密に連携しなければいけない。そのことも韓国側には認識してもらいたい」と語っている。当面は圧力強化の方針で歩調を合わせながら、慰安婦問題の出方を冷静に見極める方針だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月28日 17:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
信用できない国
韓国は,約束事も守らない信用できない国である。日韓合意も,やはり守らなかった。はっきり言って,日韓合意以降,韓国政府は何もしていないばかりか,むしろ慰安婦像が格段に増えている。今までも,いくつも約束を破ってきたが,韓国は本当に信用できない国だ。
[ 2017/12/29 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp