韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本は少しずつ軍国主義に向かっている!

日本は少しずつ軍国主義に向かっている!

12月26日、第2次安倍政権の発足から5年を迎えた。安倍首相はアベノミクスをはじめ多くの政策を打ち出してきたが、中国人の最も注目するところは「憲法改正問題」だろう。中国メディアの今日頭条は25日、「日本はこれから軍事主義国家になるのか」と題する記事を掲載した。

中国では安倍政権は危険な右翼政権と批判される傾向があるが、ではなぜ日本では受け入れられているのだろうか。記事によれば「戦後に相応の罰を受けなかったから」だという。日本は戦後、初めての経験として米国に占領された。しかし米国は、ソ連に対抗するため地理的に重要な日本に対して「徹底的な戦争の精算」をしなかったため、「右翼が執政者になった」と主張した。

続けて、近年日本の右傾化が顕著になっており、軍国主義に向かっていると主張。教科書改正や靖国神社の参拝に現れていると論じ、今では幼稚園まで右傾化しているとした。これは森友学園の塚本幼稚園について言及していると思われる。記事は、関連のなさそうなこうした点が、実は「日本の軍国主義化」というつながりがあるのだとした。

さらに、安倍政権のもと日本は憲法改正に向けて少しずつ、しかし、確実に進んでいると指摘。現政権になってから、武器輸出三原則が改められ、集団的自衛権行使を可能にする安保法案、自衛隊の活動範囲拡大の合意などの変化が見られたが、気が付かないように少しずつ軍国主義に向かっているのは「安倍政権の策略」だと主張した。





そのうえ、民意としても軍事力拡大に賛同の声が多く、防衛費の多さから自衛隊はすでに軍隊と変わらないことを考えると、機が熟すれば「日本はいつでも軍国主義国家になり得る」と結論。中国の隣国である日本が軍事主義国家になり得る危険な国に変わってしまったと締めくくった。

中国では何かにつけ「日本の軍国主義が復活する」といった類の話が出るが、軍拡を急速に進めているのは中国であり、日本はそれに対応する必要性に駆られているということではないだろうか。しかし、いずれにしても軍拡によって真の平和は生まれないと言えるだろう。
http://news.searchina.net/

ブリタニカ国際大百科事典によると、軍国主義とは「戦争を外交の主たる手段と考え、軍事力を最優先する考え方ないしイデオロギー」とのことである。軍事力を国家戦略として重視し、軍事力の増強のために、政治体制・財政・経済体制・社会構造などを集中的に投入する国家体制や思想を意味する。軍事主義とも呼ばれる。 いつまでも米国頼みと言うわけには行かないだろう。北朝鮮や中国の脅威から、自国防衛となると、平和であった日本も防衛強化に移行する必要がある。在日米軍とはいえ、いずれは縮小あるいは撤退をするわけで、日米同盟云々と語ってはいられない。自国防衛強化の拡大に舵を取らざる負えない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月28日 17:24 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp