韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  クアルコム、サムスンから台湾TSMCに乗り換え

クアルコム、サムスンから台湾TSMCに乗り換え

サムスン電子が半導体の受託生産(ファウンドリー)事業の最大顧客である米通信用半導体大手クアルコムをライバルの台湾積体電路製造(TSMC)に奪われることが分かった。アップルに続き、クアルコムまで取引先を変更した場合、サムスン電子のファウンドリー事業に大きな支障が出ることは避けられない見通しだ。

米経済誌フォーブスは27日、クアルコムが来年量産する次世代アプリケーション・プロセッサー(AP・スマートフォン用の中央演算処理装置)である「スナップドラゴン855」の生産をサムスン電子ではなく、TSMCに委託する方針だと報じた。日本の日経アジアンレビューもクアルコムがTSMCとスナップドラゴン855の生産について協議しているとした上で、来年末にも量産に入ると予測した。

クアルコムがTSMCに生産委託先を変更したのは、製造プロセスと価格競争力でファウンドリー世界首位のTSMCがサムスンをリードしていると評価したためだ。2015年からクアルコム向けの半導体を生産してきたサムスン電子は現在、回路線幅10ナノメートル(ナノは10億分の1)の製造プロセスでモバイルチップを生産しているが、TSMCは来年から7ナノメートル技術を実用化すると伝えられている。半導体業界関係者は「クアルコムはTSMCの長年の顧客だ」とした上で、「製造プロセスによって製品の生産性が大きく違ってくるため、技術力でリードするTSMCを選んだものだ」と指摘した。


サムスン電子は今年、ファウンドリー事業部を社長級組織に格上げし、6兆ウォン(約6300億円)の設備投資を行うなど、集中的に育成している。2022年までにファウンドリー市場でのシェアを25%まで引き上げる計画も発表した。しかし、顧客確保で困難に直面し、今年のファウンドリー事業の売上高は前年比2.7%増の43億9800万ドル(約4963億円)にとどまる見通しだ。
http://www.chosunonline.com/



Qualcomm のスマートフォン向け次世代プロセッサ「Snapdragon 845」と「Snapdragon 855」の噂が浮上してきた。現行の Snapdragon 800 シリーズは Snapdragon 835 が最新モデルで、今年発売された多くのフラッグシップモデルに搭載されています。現時点で Snapdragon 835 の改良版については、その噂すら立っていないので、次は Snapdragon 845 あるいは Snapdragon 855 が登場すると予想されいた。12月7日、正式にSnapDragon845が発表されました。この情報は中国から出ている噂となっているようですが、次期SnapDragonの情報となっております。このSnapDragonというのは現状ではほとんどのスマホに搭載されているCPUとなっており、このQualcommがスマホの能力を牽引していっているといっても過言ではない。

韓国サムスンは、2016年から2017年にかけて登場した「Snapdragon 820」と「Snapdragon 821」、「Snapdragon 835」に続き、2018年のフラッグシップモデル「Snapdragon 845」までを独占的に製造するに至っている。しかしながら、Pocketnowが伝えるところによると、この独占構造は来年いっぱいで瓦解し、2019年のフラッグシップSoCとなるSnapdragon 855に加え、新型の通信モデムがTSMCによって製造される見通しとのことです。また、クアルコムとサムスンの間には、期間限定の独占契約が締結されていたことがほぼ確実視されており、「Galaxy S8」シリーズの発売から、他のSnapdragon 835搭載機が発売されるまで、ほぼ1ヶ月の “独占期間” が存在していた。

そして、Snapdragon 845を搭載する「Galaxy S9」シリーズにおいても、同様の独占期間が設けられる見通しですが、スマートフォンブランドを有していないTSMCへと製造パートナーが切り替わることにより、特定の1社による独占期間は消滅する事になる。なお、Snapdragon 845は、サムスンの「10nm FinFET LPP(10LPP)」プロセスが採用されているが、TSMCの計画が万事順調に推移すれば、EUV露光技術を適用した第2世代「7nm FinFET」プロセスとなる「7N+」の量産も、2019年内に開始される予定だ。Snapdragon 855が、従来の液浸露光技術による第1世代プロセス「N7」とN7+のどちらで製造されるかは不明ですが、仮に後者が採用されれば、Snapdragon 845からの大幅な性能向上にも期待できそうだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月29日 09:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp