韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  世界にその名を轟かせる日本の10大工作機械メーカー

世界にその名を轟かせる日本の10大工作機械メーカー

中国メディア・今日頭条は26日、「日本の10大工作機械メーカーを挙げてみた 恐るべき日本製に対し、国産工作機械はどう生き残ったらいいのか」とする記事を掲載した。

記事は、「日本は米国、ドイツに続いて、世界で3番目に工作機械工業を立ち上げた国。1889年に池貝鉄工が日本初の旋盤を完成させて以降、工作機械工業をベースに、鉄鋼、自動車、造船、電子、原子力発電工業などを大々的に発展させてきた。人材の多さ、管理の正確さ、品質の高さ、フロンティア精神の強さによって、さまざまな重要技術や部品が開発され、日本の工作機械技術は世界の一流に躍り出たのである」とした。

そのうえで、規模が大きく世界的にも有名な日本の工作機械メーカー10傑として、ヤマザキマザック、アマダ、オークマ、森精機、ジェイテクト、牧野フライス製作所、コマツNTC、アイダエンジニアリング、三菱重工、ソディックの10社を挙げている。記事はまた、日本にはこの他にも数多の工作機械メーカーが存在するとして、スター精密、コマツ産機、シチズンマシナリー、ファナック、不二越、東芝、OKK、ブラザー、ツガミ、滝澤鉄工所、エンシュウ、岡本工作機械製作所の名を列挙した。

記事を読んだ中国のネットユーザーからは、「はっきり言って、日本とドイツの工作機械がなければ、国内の工場の半分は操業停止になる」、「国産工作機械は知恵で負けたのではなく、体制的な問題で負けたのだ」、「荒加工で使うのが中国の工作機械、精密加工で使うのが日本やドイツの機械」、「中国の工作機械は制度が良くないうえ、耐久性が非常に悪く5年も使えば毎月修理が必要になる」といったコメントを寄せている。
http://news.searchina.net/i





工作機械業界の過去の推移を見ますと、平成17年から平成19年までは拡大傾向にあったが、平成19年から平成21年にかけて大幅に減少。平成21年から平成23年にかけて増加。平成24年には横ばいとなり、平成25年から再び増加を記録している。平成19年までの工作機械業界は、世界的な自動車需要の波に乗り、外需を中心に業績を拡大してきた。しかしながら、平成20年秋の世界的な景気悪化の影響を受け事態は急変。自動車産業を中心とした製造業で設備投資の抑制が影響し、業績は急速に悪化した。

平成23年から25年にかけては、欧州の債務危機や中国をはじめとしたアジア経済の減速などの影響で横ばいに。平成25年以降は設備投資の増加、欧州の航空機、産業機械向け需要が旺盛になり、再び増加に転じた。工作機械とは、金属などを加工し、様々な部品や金型を作り出す機械です。機械を作る機械であることから「マザーマシン」とも呼ばれます。工作機械業界はこうした工作機械メーカが形成する市場および業界を指す。 また、一口に工作機械と言ってもその種類は多く、旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、研削器、歯切り盤、マシニングセンタ、ターニングセンタ、放電加工機と多岐にわたる。用途では、自動車向けをはじめ、電機・精密機械、航空機、IT製品、産業機械などこちらも様々な産業に利用されている。

工作機械業界は、製造業の設備投資の動向に比例する傾向がある。そのため、自動車、航空機、電子部品といった製造業の動向が、工作機械メーカーに大きな影響をあたえる。経済に占める製造業の割合は高いため、世界経済の動向に左右されやすい業界とも言える。実際に、平成21年前後の金融危機時は受注がほぼゼロになるなど、多大な損害を受けた。景気が良い時は良いが、悪い時にはかなり悪化する性質を持ち合わせているため、浮き沈みの大きい業界であるとも言える。 とはいえ日本は「切削型工作機械」の国別生産額シェアが中国に次いで世界2位で、19.5%ものシェアを誇っている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月29日 11:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp