韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  もし日中韓3カ国が同盟を組んだら、世界はどうなる?

もし日中韓3カ国が同盟を組んだら、世界はどうなる?

日本、中国、韓国の東アジア3カ国は、互いに複雑に絡みあっており、常にどこかの関係上で対立が起こっている状況だ。今年は特に、中国と韓国の2国間関係のこじれが目立った。中国メディア・今日頭条は27日、「もし、日中韓3カ国が同盟を結んだら、何が起きるか」とする記事を掲載した。

記事は、このほど米国のネット掲示板上に、「もし日本、中国、韓国が同盟を結んだら、世界にどのような変化が起きるだろうか」との質問スレッドが立ったことを紹介。多くのネットユーザーが自らの観点を披露したとして、回答の一部を取り上げている。

回答は、おおむね3つのグループに分かれているようだ。1つめのグループは、同盟が世界に大きなインパクトを与えるという予測だ。「この100年、東アジアの統一はアジア各国の学者が抱いてきた夢だった。実現すれば、西洋諸国にとっては悪夢になる」、「日韓の技術に中国の廉価な労働力が加わったら、世界経済は終結する」とのコメントが出ている。

2つめは、問題が噴出すると予測するグループ。「まず、人口過剰が起き、さらに高齢化が起こる。一体誰がお年寄りの面倒を見るのか」、「まず思い付くのは、文化や生活スタイルの衝突によって、結局は、現在の状態に戻るのではないかということ。現状でもそうだが、3カ国には異なる点があまりにも多い」といった声が寄せられた。





そして、3つめは、「そもそも起こり得ない」とするグループだ。このグループでは「不可能だ。中韓の友好は日本あってこそ、日中の友好は韓国あってこそ、日韓の友好は中国あってこそなのだから」、「3カ国間の同盟は不可能。欧州のような共通通貨、共通移民政策などはできない」、「メキシコ・カナダ・米国が同盟を結ぶ以上にあり得ない」、「ロシアがNATOに入る以上にあり得ない」といった回答が紹介されている。

現状では、全面的な同盟が結ばれる事は考えにくい。しかし、将来何が起こるかは分からない。現在の対立や意見の相違などがちっぽけに感じられるほどの重大な脅威を持つ、共通の敵対勢力が出現したならば、同盟を結ぶ可能性が高まるかもしれない。
http://news.searchina.net/

08年9月のリーマン・ショックからはじまった「100年に1度の大不況」。これで、「一つの時代が終わった」と言われている。「終わった時代」とは、「アメリカ一極時代」。1945年の終戦から1991年末まで、世界は冷戦時代、別の言葉で「アメリカ、ソ連二極時代」だった。しかし、1991年12月にソ連が崩壊。二極のうち一極がなくなったので、「アメリカ一極時代」が始まった。 しかし、この時代は、08年に終わった。そして、やってきたのが現在も続く「米中二極時代」。 しかもその関係は、「沈むアメリカ、昇る中国」。それで、「アメリカを裏切って中国に走ろう!」という世界的流れが出てきた。

そして、日本も実際、アメリカを捨てて中国に走ろうとした。09年の鳩山、小沢・民主党内閣の時代です。この政権は、はっきりと「反アメリカ、親中国政権」だ。 「日米中正三角形主義者」。現状から見ると、「アメリカと離れ、中国に接近する」となる。「最低でも県外」と宣言した鳩山は、米軍を沖縄から追放しようとし、日米関係をボロボロにした。 小沢は、大視察団を率いて訪中。「私は、人民解放軍の野戦軍司令官である」と高らかに宣言したわけで、日本は、はっきりと「アメリカを捨てて中国に走る」姿勢を世界に示したわけである。日本がアメリカを捨てて中国に走ろうとした後、ロクなことがなかった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月29日 17:32 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp