韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  レクサスが中国での生産をしない、2つの決定的な理由

レクサスが中国での生産をしない、2つの決定的な理由

中国メディア・今日頭条は26日、トヨタの高級車ブランド・レクサスが中国での生産を行わない理由について説明する記事を掲載した。 記事は、「レクサスは優れた質で中国でも消費者の信頼を得ている。一方で、多くの中国の消費者が、くれぐれも中国で生産しないでほしいとの考えを示している。トヨタの豊田章男社長によれば、現段階でレクサスを中国生産する考えはないという。それは、輸出販売方式がうまくいっていることと、中国生産によって品質が保てない可能性があるからだ」とした。

そのうえで、「レクサス工場の設置に当たっては、地理的な位置に対する考慮のほか、工場エリアの建設から生産ラインの取り付けまで厳しくコントロールされる。そして、最も重要なのは、作業員の操作技術や素養に対する要求がとても高いこと。もちろん、合弁企業を選択する際の要求もかなり厳しい。ボディの生産から塗装、組み立てに至るまで、1つ1つの作業に厳しいチェックが入る。作業員は高い技術とともに責任感や社会貢献の心構えが求められるが、こういった点が中国企業の従業員には不足しているのだ」と説明している。

また、中国向けのレクサス車販売が日本からの輸出形式をとっているもう1つの理由として「出荷される九州工場が上海港から直線距離でわずか800キロメートルと近く、1日以内に日本から運べてしまう」点を挙げた。輸送の金銭的、時間的コストがあまりかからないなかで、現地企業と合弁企業を作って現地生産するメリットが少ないことを伝えた。


記事は「中国での合弁工場建設は手続きが煩瑣だ。一方輸出形式であれば合弁のように株式を現地企業と分け合う必要がなく、直接的な指揮権を持ち続けることもできる。中国生産にしてしまうと、発言権が一部失われてしまうのだ」と解説した。
http://news.searchina.net/



現在、レクサスは全ての車種が日本国内で製造されて、世界各国へ輸出されています。例外としては、RXがカナダ・オンタリオ州のTMMC工場でも製造されていますが、その他はすべて国内工場となる。理由としては、トヨタの高級ブランドとして、クラウンなどをも上回る完成度が要求されるからと推察される。トヨタ車の精度は世界トップクラス。各パーツの隙間や塗装のツヤや質など、欧米の高級車メーカーでも追いつけないほどのクオリティを誇ります。レクサスではそれを維持するために、国内生産にこだわっている。

しかし、トヨタも中国生産をまったく考えていない訳では無い。2015年7月には、トヨタがレクサスの中国生産を少なくとも2018年まで先送りする計画だと報じられている。つまり、「中国で製造しよう」という考えはある。当初は、年内(2015年内)に決定する方向だった、という報道も出ている。報道では、トヨタの中国幹部の話として、「中国自動車市場の成長が緩慢になってきたこと」「円安で日本での生産コストが低下していること」を中国生産延長の理由として挙げています。そのうえで、「トヨタが将来的に中国でレクサスを生産することは確実」としつつも、現地生産を始める前に「やるべきことがある」と述べた、と紹介しています。

これに対し、中国メディアの盖世汽車網は、「一方で合弁会社を設立することで、「中国企業にレクサスブランドの主導権を握られたくないと思っているのではないか」と論じている。2015年6月に行われたトヨタの株式総会では、豊田章男社長が「日本での生産が、トヨタに一定の競争力を持たせている」と語ったと伝えられている。中国人は日本人以上に欧米ブランドの崇拝が強いそうで、レクサスは中国市場では好調ではありません。また、ドイツメーカーは中国での現地生産を開始して長いですが、レクサスはブランドそのものが浸透していないため、中国生産の計画が遅れていると考えられる。

現地生産の前の「やるべきこと」とは、中国国内でのブランド力を高め、販売台数そのものを伸ばすことにある。そういった課題を抱えつつ、2018年頃に改めて中国生産を行うか判断を行うことになりそうだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月30日 10:58 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp