韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日中関係の改善は安倍首相の行動次第…軍事大国化への警戒怠るな

日中関係の改善は安倍首相の行動次第…軍事大国化への警戒怠るな

2017年12月29日、日本と中国の関係について、中国国営メディアは「改善するかは安倍晋三首相の行動次第」と、くぎを刺している。同時に日本の防衛費が18年度予算案で過去最高になる見通しとして、「軍事大国化への警戒を怠るな」とも強調。引き続き日本を厳しい目で見ていることをうかがわせている。

今後の日中関係について、中国国営新華社通信の電子版は26日に北京で開かれた国際問題シンポジウムに出席した新華社世界問題研究センターの張煥利研究員の見方を紹介。この中で張氏は「最近、安倍首相がしばしば中国に友好的な態度を示している」と述べ、「18年以降、中日関係はある程度改善される見込みだが、安倍首相による実際の行動次第だ」と注視している。

安倍首相が友好的な態度を示している要因としては、米中関係や欧州の複雑な情勢を指摘。「トランプ米政権の誕生後、トランプ氏のやり方は過去の米国大統領とは大きく異なるため、日本に不安を生じさせた」「英国、フランス、ドイツなどヨーロッパの大国はさまざまな問題に直面しており、日本は対応に窮する場面も多かった」と分析している。

こうした中、「まさにその時、中国が新たな時代に突入した。特に(今年10月の)中国共産党第19回全国代表大会以降、中国経済はしっかりとした足取りで発展し、改革開放も穏やかに推し進められている」と誇示。「安倍氏がこれを機に中国との関係改善に努めるのは中国の勢いを借り、日本国内の発展を促進させたいという意図が見て取れる」としている。


一方で張氏は「安倍氏の発言は信じたいと思う一面、疑惑と警戒心を抱かせる」と言及。「安倍氏は政権発足から5年、日本の首相では海外公式訪問を行った回数が最も多い一人として、公式訪問のたびに中国を狙いとした発言を行ってきた。その安倍首相による中日関係を改善しようという主張に疑いを隠しえない」との見解も示している。 6年連続で増加し、3年連続で5兆円を超える日本の防衛費に関して、張氏は新華社の別のインタビューで「日本の防衛費は再び過去最高を更新した」と警戒。「安倍政権は世間の目を欺き、実質的な防衛費増額を実現した。日本はこれまで防衛費を国内総生産(GDP)比1%以内に抑えるという不文律があったが、安倍政権の発足早々ほごにされた」と問題視している。
http://www.recordchina.co.jp/



新華社世界問題研究センターの張煥利研究員は会場で、2018年の中日関係の見通しについて見解を述べている。張煥利氏は、2018年以降、中日関係はある程度改善される見込みだが、安倍晋三首相による実際の行動次第だと指摘している。 最近、安倍首相がしばしば中国に友好的な態度を示している。安倍氏は19日に東京で講演を行い、来年の日中平和友好条約締結40周年を機に、日中間のハイレベル対話を強化し、日中関係を新たなレベルに引き上げようと述べた。

張氏は、安倍氏の友好的な態度は主に以下の要因によると指摘している。まずは中米関係。トランプ米政権の誕生後、トランプ氏のやり方は過去の米国大統領とは大きく異なるため、日本に不安を生じさせた。次にヨーロッパの複雑な情勢。英国、フランス、ドイツなどヨーロッパの大国はさまざまな問題に直面しており、日本は対応に窮する場面も多かった。まさにその時、中国が新たな時代に突入した。特に中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)以降、中国経済はしっかりとした足取りで発展し、改革開放も穏やかに推し進められている。安倍氏がこれを機に中国との関係改善に努めるのは、中国の勢いを借り、日本国内の発展を促進させたいという意図が見て取れる。

一方で、11日のベトナム・ダナンでの安倍晋三首相と習近平中国国家主席との会談では、双方が関係改善に向けた意欲を示した。首相は、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応で中国との連携が不可欠と考え、習氏は目指しているアジア太平洋地域での「大国外交」を推進するうえで、日中関係の安定化を求めている。歩み寄りの機運は高まっているが思惑にはズレがある。 会談冒頭、習氏はこれまで安倍首相には見せたこともないような笑顔で握手に応じた。習氏が「関係改善に向けまだまだやることはあるが、よい流れに乗って、発展を推進したい」と呼びかけると、首相は「関係改善を力強く進めていきたい。日中両国は世界の安定と平和に大きな責任を有している」と語り、北朝鮮対応での日中連携に期待を示している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月31日 09:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
習近平次第だ
レコードチャイナは中立メディアかと思っていたが、
この記事は、情報操作がえげつない。

中国が日本の軍事費増強を不安視している、と書くなら、
同時に、中国の海洋膨張政策も言わなきゃ片手落ちだろう。
さらに北朝鮮のミサイルが日本領空を飛んだことにも触れなきゃ。

左翼シンパ(日本共産党、社会党系)を使って、日本を
丸腰に誘導してきた中国共産党の工作は昔も今も変わらない。

日本からボールを投げたから、中日関係が改善されるかどうかは、
習近平次第だろう。
[ 2017/12/31 13:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp