韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外旅行する韓国人、日本より800万人多い

海外旅行する韓国人、日本より800万人多い

昨年12月26日午後1時ごろ、東京・浅草の牛かつ専門店で耳にした言葉は韓国語ばかりだった。計8席のすべてを韓国人旅行客が占めていた。ハングルで書かれたメニューもある。大学生のキム・ミンギョンさん(22)は「ここが韓国なのか日本のか分からない」と言った。 2017年に海外に行った韓国人観光客の数は11月までで2400万人に達したことから、初の年間2600万人突破が有力視されている。一方、韓国を訪れた外国人観光客は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の影響などで20%以上減少し、11月までで1220万人だった。 だが、韓国の観光産業にとってライバルである日本では状況が正反対だ。訪日外国人観光客数は過去最多を記録、その4人に1人は韓国人だった。つまり、韓国が日本の観光産業を支えているということだ。

韓国観光公社が31日に明らかにしたところによると、2017年1月から11月までで海外に行った韓国人観光客の数は前年比18%増の2409万人で、全人口の半分近くとなった。12月を除いても既に16年に海外に行った韓国人観光客数2238万人を軽く上回り、過去最高を記録した。 前年度の月別推移をそのまま当てはめた17年の推定値は2646万人だ。一方、1月から11月までで韓国を訪れた外国人観光客数は16年の1590万人から17年は1220万人へと23%減少した。 得をしているのは日本の方だ。17年の訪日外国人観光客数は1月から11月までで2617万人と、16年の2404万人を超え、過去最高となった。このうち韓国人は646万人だ。前年比の増加率は40.6%で、訪日者数が年間100万人以上の国の中でも断然トップだ。





一方、同期間に海外に行った日本人観光客は1642万人で、例年並みだった。韓国人は昨年、2人に1人が海外旅行をしたが、日本人で海外旅行をしたのは7.7人に1人だった。日本経済も全般的に観光産業の好調にあやかっている。17年の日本の商業地域地価(公示地価)は3大都市で3.3%、地方の中核4都市で6.9%上昇した。これを説明する国土交通省の公式発表では「外国人観光客の増加に伴う店舗・ホテル需要の増加」を主な理由に掲げている。観光名所の大阪・道頓堀には1年で10-40%も地価が上昇した所も多かった。日本の免税店運営会社JTCは韓国株式市場(コスダック)上場手続を進行中だ。
http://www.chosunonline.com/

2017年12月5日、韓国・中央日報が、日本を訪れる韓国人が今年に入り急増している実態と、その理由について報じている。日本の観光庁の統計によると、今年1〜10月の訪日韓国人客は584万人に達し、前年同期に比べ40%増加した。韓国の人口は約5000万人であることから、今年だけでおよそ8人に1人が日本を訪れた計算になる。 この増加要因として、まず韓国の休日増加によりレジャーの需要が伸びた点を挙げている。特に今年10月の秋夕(チュソク。旧暦の中秋節)は最長で10連休が可能であったことから、比較的近場の日本や東南アジアを旅行する人が大幅に増えたという。

また「日本観光が増えた点は何よりも費用を抑えられるから」と指摘する。中でも格安航空会社(LCC)の日本路線拡充の影響が大きい。チェジュ航空やイースター航空といったLCC各社が新規の日本路線を就航したことなどにより、今年7、8月の韓国のLCCの日本便利用客は前年同期比で67%も増えた。 また航空券が安くなったことにより、日本観光のトレンドが温泉やゴルフからグルメ、ショッピングツアーなどに変わり、若年層の客が増えたことも、全般的な観光需要を増やしている。 このほか、中韓関係の悪化で中国への旅行客が日本に流れたことや、円安ウォン高、そして日本の「おもてなし」や「街の美しさ」など世界で注目されるポイントも、日本が観光地として受けている理由だとした。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月01日 09:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp