韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  専守防衛じゃなかったのか? いずも型護衛艦の空母化に懸念

専守防衛じゃなかったのか? いずも型護衛艦の空母化に懸念

防衛省がいずも型護衛艦を空母に改修することを検討し始めたことについて、中国国内では大きな注目が集まっている。中国国営通信の新華社は28日、日本の安全保障分野における動向について「専守防衛からの変質に警戒すべきだ」と伝えている。記事は、戦後70年以上にわたって維持してきた「専守防衛」政策は、日本が「平和の道」を歩むうえで有益であったことを指摘する一方、2015年に安倍政権は集団的自衛権を一部解禁し、「専守防衛」政策は重要な曲がり角を迎えたと指摘。

さらに、防衛省がいずも型護衛艦を空母に改修することを検討しているとの報道について、「馬脚を現すもの」であるとしたうえで、いずも型護衛艦が空母になり、戦闘機を搭載できることになれば「それは事実上、攻撃能力を持つ空母である」と指摘。大陸間弾道ミサイル、長距離戦略爆撃機、攻撃型空母といった攻撃的兵器の保有を禁じた憲法に違反することになるのではないかと指摘した。

また、日本は攻撃的兵器の保有を憲法で禁じているため、いずも型護衛艦の改修についても、空母は「攻撃的」兵器ではなく、防御型兵器であると主張、憲法違反という批判をかわそうとしているとし、こうした狡猾な詭弁は「集団的自衛権の一部解禁の時と同じやり方」であると批判した。続けて記事は、日本はすでに国土防衛の範疇を超えた攻撃的兵器を保有し始めているとし、防御の名目で軍備を拡充している日本の動向はアジアの隣国ならびに国際社会に懸念を抱かせるものだと主張した。
http://news.searchina.net/





2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、政府は「いずも」型護衛艦を戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入った。垂直に離着陸できる米海兵隊の「F35B」戦闘機の運用を想定するとともに、航空自衛隊が同型機を導入することも視野に入れていると事情に詳しい複数の政府関係者が明らかにしている。有事の際に日本国内の滑走路が長距離ミサイルなどで破壊され、戦闘機が使用できなくなることに備えるほか、中国が活動を強める南西諸島周辺の守りを強化するとの事だ。

いずもは15年に就役した全長248メートルの海上自衛隊最大の護衛艦。空母のような広い甲板を備え、同時に9機のヘリコプターを運用できる。対潜水艦戦が主要な役割で、今年3月には2番艦の「かが」が就役した。複数の政府関係者によると、いずもはもともとF35Bの運用を前提に設計され、格納庫と甲板をつなぐエレベーターは同機を乗せることが可能。改修では短距離滑走で離陸できるよう船首にジャンプ台を増設したり、垂直離着陸時に出る熱に耐えられるよう、甲板の耐熱性を高めること、管制機能を強化することなどを検討するとした。

自衛隊はこのところ、米空母との共同訓練を頻繁に行っている。北朝鮮に対する抑止力を高めることが最大の目的だが、防衛省関係者は「米軍が空母をどう運用しているのか、目の前で見ることができる絶好の機会だ」と話し、自衛隊による空母保有に前向きな姿勢を見せている。日本は軍事力を急速に強化する中国への警戒感を強めている。特に長距離ミサイルによって有事の際、緒戦で在日米軍や自衛隊の滑走路が破壊される恐れがあるため、移動可能な発着拠点を洋上に確保しておきたい考えだ。東シナ海の海と空で活動を強める中国に対し、制空、制海権を確保する狙いもある。

複数の政府関係者によると、米海兵隊のF35Bを発着させることを想定し、平時の補給や機体整備などを通じ、日米が緊密に連携していることをアピールするという。また、空自が独自にF35Bを導入し、海自と統合的に運用することも検討しているとの事。政府内では、輸送艦「おおすみ」の後継として、海から島などに部隊を上陸させる強襲揚陸艦を新たに建造する案も浮上している。陸上自衛隊の水陸両用部隊とともにF35Bを乗せ、陸海空が統合的に離島防衛に当たることを想定している。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月03日 10:56 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp