韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  尋常でないウォン高…外為当局がバランスを取らねば

尋常でないウォン高…外為当局がバランスを取らねば

昨年高止まりしたウォンが新年も上昇基調を続けている。ついにきのう金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相が「(為替相場の)急激な傾きには断固として対処するだろう」と口先介入をした。ウォン高は経常収支黒字が続いている上に韓国経済の全体的な成績表が悪くないためだ。北朝鮮の核とミサイル挑発で引き起こされた地政学的リスクもやはり最近沈静化している。外国為替当局も市場介入を自制する雰囲気だ。ともすると米国の為替相場操作国指定や韓米自由貿易協定(FTA)改定交渉で言葉尻を捕えられかねないためだ。

だがウォン高の速度がとても速い感がある。この1年間に対ドルでウォンの価値は13.8%も上がった。これに対し日本企業はアベノミクスのおかげで円安を楽しんでいる。米国も特にこれを問題にしていない。最も懸念されるのは輸出競争力低下だ。すでに法人税引き上げが予告された輸出大企業はウォン高という追加負担を抱えることになった。中小企業の経営環境悪化要因として、最低賃金引き上げ、労働時間短縮に続き、為替相場が追加された。大企業は利益を減らしウォン高に耐えられるだろうが限界中小企業の苦痛はさらに大きくなるほかはない。

もちろんウォン高のおかげで良い点もある。海外に行った韓国国民がより良い待遇を受けられ、輸入物価を下げ家計の消費と企業の投資を増やす効果がある。ウォン高は輸出大企業には大変だが、内需を育てるという点で韓国政府が追求する所得主導成長と軌道を同じくする側面もある。だが韓国政府は為替相場効果に頼って経済成績表を良くさせたい誘惑を警戒しなければならない。為替相場をいじったことで起きた過去の政策の失敗はひとつやふたつではない。為替相場という価格変数は経済主導者が急騰落により混乱が起きないようにする線で管理しなければならない。外国為替当局は賢くバランスを取らなければならない。
http://japanese.joins.com/





ウォン高傾向が尋常でない。これまでどちらかというと守勢だったドル当たり1100ウォン線を突き抜けて上がり、ウォン高の速度はいっそう速くなる様相だ。久しぶりに外国為替当局が、懸念の声を出しつつ口頭で警告に乗り出すほどだ。最近のウォン高はこれまでウォンの値を押さえつけていたコリアディスカウント要因が一度に解けたという要因が大きい。

外資系銀行では今年、戦略的にウォンを買い入れるようにというアドバイスまで打ち出し、ウォン高傾向に力を乗せている。一部では強気が続いて、今年には1050ウォン台まで上昇傾向に乗るだろうという分析も出ている。 昨年11月17日、ソウル外国為替市場でドル当たりのウォンは1097.5ウォン(終値基準)を記録し、今年に入って初めて1100ウォン線が崩れた。この日の開場当初にウォンは1097ウォンから出発して、一時は1093ウォン台にまで高騰した。けっきょく場の終値は前日の終値の1101.4ウォンよりも3.9ウォン上がり、二日連続で年間最高値を書き換えていった。 終値を基準にしてウォンが1100ウォンを突破したのは、昨年の9月29日の1098.8ウォンだった。

国家不渡りの危険を示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムは、第4四半期に入って初めて60bp線に落ちた。数字が落ちるほど国家不渡り危険が減少するという意味だ。このような雰囲気は前日、外国為替市場にいっきに注がれたニュースの影響が大きかった。韓国・カナダの通貨スワップ締結ニュースに続き、中国の対北韓特使派遣と北・米対話の可能性に対する言及まで続き、金融市場が自信を見出した様相だ。韓国経済の対外安定性が高まったことを反映したものだ。

一方、日本は株高推移であるから、日経平均株価上昇とともに、円安に移行すると言われる。現在は1ドル112円台であるから、こちらもどこまで円安が進むのかは気になるところだが、輸出企業を中心にアベノミクス加速と言う途中で円高基調となったわけで、また振り出し感が漂うが、成長戦略を進めるのは今となる。 その一方で韓国造船業は、現状の為替では損益分岐点割れであるから赤字拡大でしかない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月04日 10:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp