韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人が改めて考える、日本を旅行する人が増え続けている理由

中国人が改めて考える、日本を旅行する人が増え続けている理由

中国メディア・今日頭条は2日、「どうして日本に旅行する人がますます多くなっているのか」とする記事を掲載した。 

記事は、「中国人観光客に人気の海外旅行先はタイ、日本、韓国だった。しかし、韓国は高高度防衛ミサイル(THAAD)の影響により、2016年下半期より中国人観光客の数が激減。より多くの人が日本旅行にシフトした。日中両国間には領土問題があるが、それでも16年にはのべ637万人の中国人観光客が日本を訪れた」としている。

そのうえで、「日本旅行をする中国人の大多数は東京、大阪、北海道などの都市で遊ぶことを好み、歌舞伎町や浅草寺、秋葉原、心斎橋などは必須の訪問場所となっている。また、中国人観光客は日本の美しい景色を楽しむと同時に、ショッピングという目的も持っているのだ」と説明した。 

そして、「一部の中国人観光客は初めての訪日で現地の美しい環境に感じ入る。特にトイレではチリひとつ落ちていないこと、スマート便座が備え付けられていることに対して賞賛を繰り返す。彼らが日本で高性能の便座を体験し、それが評判としてどんどん伝わっていき、最終的には中国人観光客がこぞって便座を買って帰る現象が起きたのだ。電子炊飯器の購入ブームも同じだ」と伝えている。

記事はさらに、日本人の礼儀正しさや素養の高さも中国人観光客の足を日本に向けていると指摘。「異国の風景を楽しめ、自分の好きな商品を買えるうえ、然るべきリスペクトも受けられる。こういったことが、多くの人が日本旅行を愛する理由なのだろう」とした。





記事を読んだ中国のネットユーザーから寄せられたコメントでは「中国国内にニセモノがあまりにも多いからだ」、「日本に行く人を罵る人はみんな、日本に行ったことがない」、「日本製品の品質は素晴らしい」、「相手が誰であろうと、良いもの、進んだものは学ぶべきなのだ」といった内容が多くの賛同を集めている。
http://news.searchina.net/

昨年、中秋節の祝日と重なり、例年よりも一日多い8連休(10月1日~8日)ということもあり、海外旅行を計画する中国人が多かった。中国当局は、人民元の海外流出を危惧して海外渡航人数の制限を設けていましたが、それにもかかわらず旅行者は延べ7億1,000万人と、去年を上回る人々が海外へ旅立った。行き先の人気TOP3は、タイ、日本、シンガポールの順。そのほか、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどの東南アジアが人気が高かった。また、中国政府が掲げている「一帯一路」構想内に含まれているチェコやハンガリーなどの東欧諸国も人気となった。

一方、人気なし地域で目立ったのは韓国だ。そこには、もちろん政治的理由がしっかりとあります。地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備問題で、中国との関係が冷え込んでいる韓国に対する中国の報復措置として、韓国への渡航を事実上禁止した。一昨年人気トップだった韓国は、昨年20位以下に転落した。 近年、日本の魅力が世界中に広まっていることも影響している。日本政府は2003年から観光立国の実現を目標に掲げて、「ビジット・ジャパン・キャンペーン」と呼ばれる訪日プロモーション活動を進めてきた。インターネットやソーシャルメディアが普及したことで、日本の漫画やアニメといったポップカルチャー・伝統文化を世界中の方に知ってもらえる機会も増えた。それらの影響もあって日本に対する理解や関心が広まり、訪日需要が一段と高まったと言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月04日 11:01 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp