韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相、年頭記者会見で慰安婦合意には“沈黙”

安倍首相、年頭記者会見で慰安婦合意には“沈黙”

日本の安倍晋三首相が4日、年頭記者会見を行い、自衛隊の能力の強化と改憲の意思を強調したが、韓日慰安婦合意については一言も触れなかった。韓国政府が再交渉問題など後続措置をまだ明らかにしていない状況で、敏感な問題に触れずに韓国政府の措置を待つという計算と読める。

安倍首相がこの日、三重県伊勢市で開いた年頭記者会見で「既存の延長線上でなく、国民を守るために真に必要な防衛力強化に取り組む」とし、今年は自衛隊の能力強化に取り組むという意思を強調した。安倍首相は記者会見の冒頭部分から北朝鮮の核・ミサイル問題を言及し、「日本を取り巻く安全保障環境が戦後最も厳しい」とし、このように述べた。安倍首相は先月にも「既存の延長線上でない防衛力強化」を言及したが、北朝鮮のミサイル基地を先制攻撃できる敵基地攻撃能力保有を本格的に検討するという観測があった。

安倍首相は「今年こそ憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、憲法改正に向けた議論をいっそう深めていく1年にしたい」とし、憲法改正への意欲も繰り返し明らかにした。

この日の記者会見は、韓国政府が先月27日「韓日日本軍慰安婦被害者問題合意を検討するタスクフォース」の調査結果を発表して、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「2015年の韓日政府の合意で慰安婦問題が解決されたということを受け入れることはできない」と公式的に明らかにした後、安倍首相の初の公式会見だった。

スポンサードリンク
したがって慰安婦合意と関連した安倍首相の立場が示されると予想されたが、安倍首相は一言も言及せず、記者たちの関連質問も出なかった。韓国政府の報告書発表後、「日本政府としては到底受け入れられない」などの官房副長官の発言が出ており、安倍首相が参謀たちに「慰安婦合意は1ミリも動かない」と述べたという報道が出たことに比べると異例的な状況だ。



安倍首相の沈黙は、韓国政府がまだ慰安婦合意についてどのような措置を取るか公式化していない状況で、韓国政府の措置を待って対応するという意味とみられる。また、北朝鮮核対応や韓中日首脳会談開催などをめぐり、韓国と激しく対立するのは日本にも不利だという評価をしたものと見られる。安倍首相はこの日、韓中日首脳会談と関連しては「できるだけ早く(日本で)開きたい」と話した。北朝鮮問題と関連しても、「北朝鮮の核・ミサイルはこれまでになかった重要で切迫した脅威」だとし、「制裁の効果を見守りながら、日米、日米韓が連携していく」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/

安倍晋三首相は4日午後、年頭記者会見を三重県伊勢市で行い、北朝鮮の核・ミサイル開発に関し「日本を取り巻く安全保障環境が戦後最も厳しい。従来の延長線上でなく国民を守るため真に必要な防衛力強化に取り組む」と述べた。 また「北朝鮮の政策を変更させるため、力強い外交を展開し、毅然とした外交を進める」と強調した。

首相は改憲について「時代の変化に応じ、国の正しい在り方を議論するのは当然」と強調。同時に「スケジュールありきではない。与野党にかかわらず広い合意が形づくられることが期待されている」とも語った。働き方改革に関しては「歴史的な大改革に挑戦する」とし、長時間労働の是正に向けて上限規制を導入する方針を示した。日本経済について「デフレから脱却への道を確実に前進している」と語り、アベノミクスの成果を強調した。国家間の約束となる慰安婦合意についての話は無いのは当然だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月05日 08:50 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
ハンギョレ新聞は見落としている
4日安倍総理は「韓国が日韓合意を韓国が変更する様であれば、日韓関係は管理不能に陥る」と外交筋を通じて韓国に伝えている。
つまり、日韓合意を韓国が破棄すれば日韓国交自体も破棄する事になると最終勧告である。
さらば、韓国よ !!
[ 2018/01/05 09:10 ] [ 編集 ]
タイトルが不適切
誤:安倍首相、年頭記者会見で慰安婦合意には“沈黙”
正:安倍首相、年頭記者会見で慰安婦合意は“無視”
⇒理由=「他国の内政問題なので」
[ 2018/01/06 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp