韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米、南北対話で韓国見放しも…危険な誘いに乗った文政権

米、南北対話で韓国見放しも…危険な誘いに乗った文政権

朝鮮半島が新年早々、激しく動き出した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が新年の辞で、ドナルド・トランプ米政権を「核・ミサイル」で脅す一方、「従北」で知られる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を取り込む姿勢を見せたのだ。新たな弾道ミサイル発射の兆候も確認されるなか、韓国は南北対話の方針に傾いている。「核・ミサイル」の放棄がないまま韓国が対北支援に踏み切れば、米国への「裏切り」でしかない。米国が韓国を見放す可能性も出てきた。

「われわれは、最高指導部の意図に従って真摯(しんし)な立場と誠実な態度で南朝鮮側と緊密に連携し、(平昌=ピョンチャン=冬季五輪への)わが代表団の派遣に関する実務的な問題を論議していくであろう」。 北朝鮮の対南窓口機関、祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は3日、こう発表した。同日午後には、南北軍事境界線のある板門店(パンムンジョム)で、南北の連絡ルートが約1年11カ月ぶりに再開した。 昨年まで韓国を非難し続けてきた北朝鮮は年明け、立場を一転させた。

正恩氏は1日の新年の辞で、2月に開幕する平昌五輪について、「代表団派遣を含め、必要な措置を取る用意があり、北南当局が緊急に会うこともできる」と表明した。 一方、トランプ米政権には、米本土全域が北朝鮮の核攻撃圏内にあると主張し、「核のボタンが私の事務室の机上に常に置かれていることは、威嚇ではなく、現実だとはっきり理解すべきだ」と警告した。平昌五輪を「エサ」にして、米韓関係の分断を図ろうとしている狙いが透けてみえるが、文政権は危険な誘いに乗った。


文大統領は2日、正恩氏の発言を「歓迎する」と表明し、南北対話の早期再開と北朝鮮の五輪参加に向けた準備を指示した。韓国政府は、南北当局者の高官級会談を9日に板門店で開催するよう北朝鮮側に提案した。 韓国の前のめりな姿勢に、米国は懐疑的だ。 トランプ大統領は2日、ツイッターに「ロケットマン(正恩氏)が初めて韓国との対話を求めている。良いニュースかもしれないし、そうでないかもしれない。様子をみよう!」と書き込んだ。



ニッキー・ヘイリー国連大使は同日、「北朝鮮がすべての核兵器を放棄する何らかの措置を取らない限り、いかなる対話も真剣に受け止めることはない」と断言した。 複数の米メディアは、北朝鮮が今週または来週にも、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射する可能性があると報じている。 こうしたなか、米政府関係者と北朝鮮当局者が昨年12月、北京で極秘協議を行っていたことが分かった。トランプ政権内で「対北融和派」が巻き返したとの見方もある。 北朝鮮の魂胆をどう分析すべきか。

麗澤大学の西岡力客員教授は「国際社会の制裁が一定程度効いてきて、北朝鮮国内に動揺が起きている。このため、国際包囲網の中で、一番弱い韓国に平昌五輪を口実に接近してきたのだろう。北朝鮮への接触自体は非難できないが、何らかの見返りを出すようなことをすれば、米国などへの『裏切り』となる。米国が韓国を制裁の対象にすることも考えられる」と指摘し、続けた。 「米国は韓国を守るというよりも、自国を守るために、北朝鮮の『核・ミサイル開発』をやめさせなければならない。韓国を抜きにした軍事作戦を、より一層考えるようになるかもしれない」。 韓国の態度次第では、日本もこれまで以上の覚悟が求められる。
http://www.zakzak.co.jp/

北朝鮮の核ミサイル完成を前にして、米国は北朝鮮に対して核保有を認めた対話に入るのか、それとも核不拡散体制と同盟国を守る軍事行動を含めた圧力路線に集中するのかの2者択一に迫られてきた。しかしここにきての国連総会でのトランプ大統領の演説や米国主要閣僚の発言を見ると「北朝鮮に対して核保有を認めた対話」の選択肢はほぼなくなったと思われる。日本もまた日米同盟を強固にした米国との共同行動で覚悟を固めたのが昨年9月となる。

米国のエリザベス・コードレイ国防次官補代理(計画担当)が、北朝鮮による6回目の核実験直後に訪韓し、韓国に居住している米国人の避難作戦(NEO)を点検していたことが解っている。そのため「米国が北朝鮮に対する軍事行動を準備しているのではないか」との観測も出たほどだ。在韓米軍はコードレイ氏の来韓について「定例の点検活動の一環」と説明している。コードレイ氏は9月13日、大邱にある在韓米軍の第19遠征支援司令部を訪問し、サリバン司令官との会議に臨んだという。コードレイ氏は在韓米軍の対北任務・防御・準備態勢などについて話し合った後、在韓米国人の避難作戦と前方移動作戦についても理解を深めたという。第19遠征支援司令部は、在韓米軍の戦闘部隊を支援する部隊で、憲兵・輸送・装備部隊などがある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月05日 10:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
いやはや
 彼の国の大統領とやらは、国民からの支持率を上げるために、次から次へとダボハゼのように色々なことに食らいつきますが、成果は見えないようです。
日本の歌の文句に「良いとこ見せたいそのわりに、悪いとこだけよく目立つ」というのが有りますが、これを地で行っているような感じです。
成果がゼロでも、国民の支持率がそれなりに有るのも不思議ですが、正論が否定され、捏造が幅をきかせるお国柄ですから、支持率の数字そのものも疑問です。

こんどは、国連安全保障理事会で全会一致で採択された制裁決議を意にも介さず、目先の平昌オリンピックを何とかしたい一心で、世界をコケにして北朝鮮との抜け駆け対話だそうです。
 失敗しても一切責任をとることもないでしょう。
 せいぜい他国のせいにすれば良いという軽いノリでしょうが、困った民族です。

 これを機会に、彼の国のことは見限るべきです。
[ 2018/01/05 17:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp