韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  働き方改革実施する日本、家に帰りたくない「フラリーマン」が増加

働き方改革実施する日本、家に帰りたくない「フラリーマン」が増加

日本政府は2016年から「働き方改革」の推進に力を入れ、企業に対して残業を減らすよう求めてきた。そのため、ユニークな対策を講じて、従業員が早めに退社できるようにしている会社も多い。ところが皮肉なことに、この改革により、日本では今、仕事が早く終わってもまっすぐ家に帰らずに、書店やゲームセンターなどで時間をつぶしてから帰る「フラリーマン」が増加しているという。新華網が伝えた。

フラリーマンらは退社後、レストランや書店に行き、ゲームをしたり、読書をしたりして時間をつぶす。子供2人の父親である男性(37)は「この春から勤め先の『働き方改革』で、毎週1回は午後5時半に退社できるようになった」としたものの、妻には「今日も残業。がんばります!」とLINEでメッセージを送り、「ファミレスや書店で時間をつぶし、自宅に戻るのは午後9時すぎ」と明かした。「どうしても足が家に向かない」という。

多くの男性が、「自分の時間が欲しい」、「仕事のストレスを解消したい」としているが、「早めに退社して帰宅すると、家事や育児の手伝いをしなければならない」「家事を手伝いたいけど、なかなかうまくできず、結局妻に容赦ない指摘をされた」などと肩を落とし、「フラリーマン」になっている。 一方、日本の女性の間では「フラリーマン」をめぐり賛否両論が巻き起こっている。NHKが昨年実施したアンケート調査では、特に小さな子どもを持つお母さんたちが、「フラリーマンなんてけしからん!」と怒りの声を寄せた。ただ、「フラリーマン」に理解を示す女性も一部いた。





調査では、ある30代女性は「子どもが小さいうちはできるだけ早く帰宅して欲しかったが、今は家にいられると逆にわずらわしい」、60代女性は「早く帰宅されても対応に困る」との声を寄せた。
http://www.recordchina.co.jp/

「フラリーマン」とは、「働き方改革」の動きの中で定時退社や残業削減を促された男性たちが、まっすぐ家に帰らずに居酒屋などで時間を潰す現象を指す言葉として広がっている。「働き方改革による悲哀」「働き方改革が生んだ皮肉」などの言葉と共に広められている。 2017年9月19日のNHK「おはよう日本」で、「なぜ?まっすぐ帰らない 密着“フラリーマン”の夜」として10分弱の特集「けさのクローズアップ」で取り上げられたことをきっかけに、ネットで話題となり、テレビや新聞各紙でも「働き方改革」との関連で「フラリーマン」が取り上げられ続けている。

新宿や渋谷、新橋などの繁華街で、同僚や友人と飲むわけでもなく、時間を潰すように道端でお酒を飲んでいたり、映画館やコンビニエンスストア、書店で1人で長時間過ごしていたりする--。そんな行動をする「お父さん」と呼ばれる世代のサラリーマンを、社会心理学者で目白大名誉教授の渋谷昌三さんは「フラリーマン」と名付けた。2004年に出版した著書「『上司が読める』と面白い」の中で使った造語だという。 日本人は有給休暇を含めて、仕事以外の時間を有効に使うことになれていない。特に年齢が上昇するほどにその比率は高くなる。 効率化が進むにつれて、深刻化するわけで、大きな課題となりそうだ…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月06日 10:14 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp