韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米ホワイトハウス、「文大統領100%支持」言及していなかった

米ホワイトハウス、「文大統領100%支持」言及していなかった

米ホワイトハウスは文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ大統領の4日夜の電話会談後を受けて、5日の書面会見で「北朝鮮に最大の圧力を加え続け、過去の過ちを繰り返さないことで合意した」と明らかにした。これは、韓国大統領府の記者会見にはない内容だ。大統領府は「トランプ大統領は南北対話を支持した」という内容を中心に発表していた。外交関係者の間からは「大統領府は都合のいい内容だけを選んで発表しているのではないか」という声が上がっている。

大統領府は韓米首脳による電話会談直後の4日夜11時30分ごろ、書面会見をした。「トランプ大統領は『南北対話実現を評価し、良い結果が出ることを希望する』と言った」という内容だった。また、「トランプ大統領は『南北対話の過程で我々の助けが必要なら、いつでも言ってほしい。米国は100%、文大統領を支持する』とも述べた」と伝えた。

しかし、数時間後の5日未明、ホワイトハウスが発表した文には、「南北対話」という言葉やそれに対する直接的な言及はなかった。米国が強調した「過去の過ち」という言葉は、北朝鮮と対話をするたびにさまざまな恩恵ばかり与え、非核化へと誘導できなかった前例を指していると解釈できる。トランプ大統領はむしろ、北朝鮮は1994年のジュネーブ合意や2005年9月の共同声明などを発表しながらも、恩恵ばかり受けて核開発を続けてきたとして、北朝鮮の欺まんに満ちた交渉術に否定的な見解を持っている。

スポンサードリンク



韓米合同軍事演習を平昌五輪後に先送りすることに関する発表でも微妙な温度差があった。大統領府は「五輪期間中に韓米合同軍事演習を実施しないことで合意した」と述べたが、ホワイトハウスは「韓米の兵力が競技の安全性を保障することに集中できるよう、五輪と軍事演習が重ならないように(deconflict)することで合意した」とした。つまり、五輪期間中の安全保障に集中するための措置に過ぎないという意味で、「演習を実施しない」というのとはニュアンスが違う。米国国内には「韓米合同軍事演習の縮小・中止は対北朝鮮交渉のカードにならない」という世論がある。
http://www.chosunonline.com/

韓国大統領府は都合のいい内容だけ発表していると朝鮮日報は伝えている。自国メディアの意図もあると思うが…。大統領府は「五輪期間中に韓米合同軍事演習を実施しないことで合意した」と述べたが、ホワイトハウスは「韓米の兵力が競技の安全性を保障することに集中できるよう、五輪と軍事演習が重ならないようにすることで合意した」とした。つまり、五輪期間中の安全保障に集中するための措置に過ぎないという意味と掲載している通りとなる。ただトランプ大統領は口先だけで、行動が伴わないのも事実。同盟国である日本もまたどう動くのかは安倍総理の手腕による。

現状ででは、北朝鮮の弾道ミサイルは日本に確実に届いているわけで、精度と核搭載が本格化すれば、大きな不安は付きまとう。今の防衛策で間に合うのかさえ不安となる。更なる脅威は中国だ…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月06日 10:39 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
ん! トランプ大統領は文大統領を全面否定している
トランプ大統領は朝鮮半島の南北対話は北朝鮮の想うがままに韓国が翻弄された過去の過ちを繰り返す愚考だと釘を刺したが正解では無いか?
アメリカの意向を無視して勝手な行動を繰り返す文大統領に対する最終勧告では無いか?


[ 2018/01/06 21:35 ] [ 編集 ]
韓国放置
文在寅が一番努力するのは、韓国内の親北層の拡大
であって、下層国民はこれを支持するが、富裕層は
支持しない。このままいくと韓国内は二つに割れる。

文在寅が北と関係強化するのを警戒して、日米中のトップは
文在寅批判にいかない。なので、文在寅は図に乗るが、
自分が米軍の北攻撃のトリガーになるのが怖いから
やることが半端。こんな感じで当分、韓国放置が続くでしょう。
[ 2018/01/06 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp