韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済、理想的な好景気で極めて健全…経済危機の懸念はほぼなし

韓国経済、理想的な好景気で極めて健全…経済危機の懸念はほぼなし

巷では韓国経済に否定的な報道を目にする機会が多く、経済危機説も年中行事のように流布されている。確かに、THAAD(終末高高度防衛ミサイル)の配備で中国の逆鱗に触れ経済面での報復を受けていることは事実であるし、建設など一部の経済指標の調子が良くないのは事実である。またトップ不在など問題を抱える財閥もある。

しかし韓国経済全体を見れば好調を謳歌しており、一部の否定的な出来事だけで韓国経済を判断することは大局を見誤る。韓国経済を判断する際には、景気が良いのか悪いのか、経済に悪影響をおよぼしかねない構造的な問題があるのかないのかを見る必要がある。結論を先取りするならば、韓国の景気は良く、経済に悪影響をおよぼしかねない構造問題もほとんどない。すなわち、韓国経済は好調で盤石である。

まず景気からみてみよう。2017年7-9月期の実質GDP成長率は前の四半期と比較して1.4%増、年率換算で5.7%増であった。この数値はさすがに瞬間風速ではあろうが、17年の成長率が3%台に回復する可能性も高くなり、韓国経済の好調さを裏付ける数字である。景気が力強い背景には、輸出の好調がある。特に中国向けに勢いがあり、なかでもスマートフォンの部品となる半導体(メモリー)に勢いがある。そして、輸出に引きずられるかたちで個人消費や設備投資も堅調であり、理想的な景気拡大の姿となっている。


次に経済に悪影響をおよぼしかねない構造問題である。韓国の構造問題として取り上げられるものが家計負債である。7-9月期の家計信用残高は1419兆ウォンである。これはGDPの87%に相当し、先進国のなかでも経済に対する家計負債の規模は大きい。ただし、銀行の家計向け貸出の延滞率は0.3%と低く、貸出の多くは住宅担保でカバーされている。金利上昇など延滞率が高まるリスクはあるが、構造改革を通じて金融機関の健全性が高まっている点、断続的に続けられてきた地価抑制策により不動産バブルが形成されていない点から見ても、家計負債問題が顕在化して金融危機に陥る可能性はきわめて小さい。



韓国経済は世界金融危機に対する備えが薄いが、差し迫った世界金融危機の兆候が見受けられない現在、韓国経済が危機に瀕しているとはいえず、好調かつ盤石な経済状況に水を差すものではない。昨今の日韓関係の影響もあるのだろうか、韓国経済に関する報道には否定的なものが少なくなく、些細な問題をあたかも致命的な問題のごとく膨らませるケースまで見受けられる。韓国経済の報道にはネガティブなバイアスがかかる傾向があるので、数字にもとづいた虚心坦懐な判断が必要である。
http://biz-journal.jp/

韓国銀行が約6年5カ月ぶりの利上げに踏み切った。輸出を牽引役にした景気回復に自信を深めているためだ。ただ、利上げは韓国経済の「時限爆弾」とされる家計負債問題を炸裂させるリスクをはらんでいる。朝鮮日報など韓国メディアは国内の家計負債が雪だるま式に増えている現状を伝えている。 今年7~9月期の1世帯当たり平均負債は7270万ウォン(約730万円)で昨年末から4.4%増えた。平均負債が7000万ウォンを超えたのは初めて。家計の負債総額は1419兆1000億ウォンと、統計集計以降で過去最大規模に達したという。

家計負債は不動産経済の下支えであるから、2019年の元本返済は大きな壁となる。ここで大きな動きが発生することは間違いない。一方の半導体依存度は、中国企業に技術移転が終了すれば、サムスンとて利益確保に必死となるだろうし、中国貿易の半導体依存が解消されたとたんに、今の状態を維持することは出来なくなる。いずれも2019年となる。ダブルパンチを食らう形だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月06日 11:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
だからウォン高
投機筋がこんな感じでみてるのか。
だから、ウォン高。韓銀が介入しなければ
さらにウォン高。
[ 2018/01/06 19:59 ] [ 編集 ]
韓国経済は悪材料しかない
依然改善しない若者の就職率、造れば造るほど赤字となる造船業、販売低下と過去最大のリコールで苦悩する自動車業界、さらに文大統領の出した最低賃金の大幅底上げ、法人税の値上げ、この事により企業が海外に逃げ出す。
職を得られない国民も海外移住を考える。
結果、何が残るのか?
[ 2018/01/06 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp