韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  香港には2種類の自動車しかない…大量のトヨタ車と少々のBBA車だ!

香港には2種類の自動車しかない…大量のトヨタ車と少々のBBA車だ!

長年に渡るイギリス統治を経て中国に復帰した香港。中国本土とは消費観念が大きく異なるようだ。中国メディア・今日頭条は4日、「香港にはトヨタ車か高級ブランド車の2種類しか存在しない」とする記事を掲載した。 記事は「香港ではトヨタとBMW・ベンツ・アウディ以外のブランド車を見かけることは非常に少ない。中国大陸では『神車』と崇められるフォルクスワーゲンや、ホンダの車もめったに見かけない。そして、大陸で大人気のSUVタイプもここでは売れ筋ではない」とした。

そして、香港がほぼトヨタの天下であるとしたうえで、その理由について「トヨタは最も早い時期に香港市場に進出し、車両のコストパフォーマンスの高さ、モデルの多さから実用性を求める香港人に好かれた」、「至るところで見られるトヨタ車のタクシーが長きに渡り広告塔的な役割を果たしている」という点を挙げている。

記事は、「香港のタクシーは1995年にリリースされたクラウンコンフォートで、低コストと広い車内空間、信頼性の高さ、故障率の低さからたちまち現地市場で認められ、現在に至るまで愛用されている。そしてタクシー以外ではハイエースやアルファードが多く見られる。ハイエースはサイズの大きさと耐用年数の長さで喜ばれている。アルファードはビジネスマンやスターの通勤車両として多く用いられている。その豪華さ、車内空間の広さ、プライバシー保護性の高さは、まるでコンパクトで使い勝手の良いキャンピングカーのようである」と伝えた。





一方、セダンについては「高額な維持費を支払える消費者の大多数はBMW・ベンツ・アウディなどの高級車を選択する。あるいは、プリウスやテスラなどだ。空港や大手のホテルではテスラのモデルSをよく見かけるが、これは香港政府のエコカー補助が大きかったから。2016年時点で、香港は世界で1人あたりのテスラ車保有台数が最も多く、充電設備の密度がが最も高い地域だった。香港のような小さいエリアでは、テスラの航続能力で十分なのだ」としている。 しかし、記事によれば、昨年4月にエコカー優遇制度が期限切れを迎えていこう、テスラの香港での売り上げはパッタリと止まったという。記事は「香港人は優遇政策があったからテスラを買っていただけで、心からこの車を愛していたわけでなかったようだ」と説明した。
http://news.searchina.net/

昨年、香港でディーゼル車の販売台数が急速に伸びた。昨年5月に初回登記された自家用車向けのディーゼル車は年初の1月に比べ約2.2倍に急伸した。昨年10月からディーゼル車の排出ガス規制を強化することを受けた駆け込み需要が背景にあり、一部車種は売り切れの状態が続いた。香港経済日報などが伝えた。香港政府運輸署によると、5月に初回登記された自家用車向けのディーゼル車は531台。1月の240台から約2.2倍、2016年5月の71台から7倍以上にそれぞれ膨れ上がった計算だ。昨年後半から登記台数が200台以上で推移し、今年3月には300台を超えた。

直近で登記が増える背景には、政府の環境対策を受けた駆け込み需要がある。政府は今年4月、大気汚染の抑制に向けて関連条例を修正し、7月から各種車両に対して段階的に排出ガス規制を強化。昨年10月からは、初回登記の自家用車向けディーゼル車を対象に、排出ガス規制を従来の欧州連合(EU)の「ユーロ6」から米国カリフォルニア州が採用するより厳格な規制「LEV3」に改める。政府報道官は、ガソリン車に比べ汚染物質の排出量が多いとして、ディーゼル車の排ガス規制を厳しくすることを決めたと説明している。実際、ガソリンよりも2~4割安い軽油が使え、修理・部品交換も電気自動車(EV)やガソリン車に比べ安く抑えられるとあって、近年はディーゼル車を購入する市民が増加。5月時点の自家用車向けディーゼル車の登記台数は9,174台となり、約8年前の09年末(2,066台)から4.4倍に増えていた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月06日 11:21 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp