韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  さすが「日本」だった…感心と驚きに満ちていた「日本のビル建築現場」

さすが「日本」だった…感心と驚きに満ちていた「日本のビル建築現場」

中国の都市部では高層ビルが立ち並んでいるが、それだけ建築技術も進んでいるのだろうか。中国メディアの今日頭条は3日、建築業界で働くある中国人が、日本の50階建て高層ビルを視察した時の様子を紹介する記事を掲載した。

この中国人は、日本のビル建築現場を実際に見学してみて、日本の建築方法は作業が細かく、合理的であることに感心したようだ。まず、見学者への対応からして非常に細やかだったという。

見学者用に用意されたヘルメットは真新しく、使い捨てのインナーキャップが備えられ、衛生的であることにも驚いたと綴っている。これは、中国の建築現場でよく見かける、「真っ黒で汗が染み込んでいてほこりだらけのヘルメットとは違う」という。また、新品の軍手と靴下まで用意されていたことにもすっかり感心した様子だ。

さらに、ビル建設の作業については、非常にスムーズだったと紹介。

これは「工場で作っている部品が多いから」と伝えた。壁、柱、階段などが現場に運ばれて組み立てるだけとなっている。工場で作られた壁には電線を通すための穴などもあらかじめ開けてあり、その細かな設計に感心している。


ほかにも、断熱には中国でよく見られる張り付けるタイプではなく、吹き付ける断熱材を使っていたため、作業が簡単なうえに剥がれ落ちる心配もなく、数十年経ってからでも新しくすることができると紹介。さらに、地震対策や、電線を目的別に色分けしていること、水道のパイプを固定し変形を防止していること、排水管まで防音材で包むなど、細部まで行き届いていることを紹介し、専門家ならではの視点で日本の建設業の合理性に感心している。



中国のビル建設は、なんといっても突貫工事とも言えるその建築スピードの速さにあるが、質の高さや合理性という点では大いに疑問が残る。やはり作業が細やかで防音や保温、耐震性にこだわった日本のビルのほうが安心して利用できる感じがするのは気のせいではないだろう。
http://news.searchina.net/i

人民網によると、中国で「短命」な建築物によって莫大な資源が浪費されているという。 06年10月に、山東省青島市のシンボルホテルだった築年数20年の青島大酒店が爆破・解体された。その後も次々と築10数年のビルが爆破され、今年5月には北京市最中心部・建国門に位置する築20年の凱莱大酒店の解体が発表されたばかりだ。 なぜこれほど「短命」なのか。都市のシンボル的建築物だけでなく、数え切れないほどのマンションなどが、さまざまな理由によって解体されている。住宅・都市建設部の副部長によると、中国で毎年新たに着工する建築面積は20億平方メートルに及ぶが、その平均寿命は25〜30年しかないという。しかし中国の「民用建築設計通則」では重要な建築物あるいは高層建築物の耐用年数は100年、一般建築物の場合は50〜100年と定められている。

建設と解体を繰り返す中国は、2つの「世界一」を手に入れた。世界一のコンクリートと鋼材の消費国、そして世界一の建設廃棄物の産出国という肩書きだ。建設廃棄物は年間4億トンにもなる。その背景には、悪質なコンクリートの多用など品質的問題と、地方政府が土地売却益を得るために安易に再開発許可を出すなどの問題が横たわっている。 驚いたのは、香港などの高層ビル建築では、鉄骨製より安価な竹で作る足場。日本の場合では通常鉄製の足場を使うが、中国では高層ビルにおいても竹を使って建設を行っている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月06日 16:48 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp