韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  金需要を牽引する中国の需要は今後どうなるか?

金需要を牽引する中国の需要は今後どうなるか?

中国は現在、国別の金需要ではインドを抜きトップを走っています。経済大国となりGDPでは米国に次ぐ地位となり、その豊かさを背景に金需要は増しています。気になるのは、その中国経済の今後の行方ではないでしょうか? ネットや書店を見渡すと、中国経済の動向に関しては、いろいろな見方が溢れています。今後も成長を続け拡大し続けるという楽観的な見方もあれば、厳しい状態に進みつつあるなど悲観論基調のものなど様々。いったい今後どうなり、世界的な金需要はどう動き、私たちの投資戦略にどう影響を与えるのでしょうか。 ここでは、中国の経済状況と金需要について少し考えてみたいと思います。

中国の国家統計局が発表した2017年第3四半期までの国内総生産は、累積で59兆3,288億元(1元17円で計算して1,000兆円超)。もうすぐ第4四半期末を迎えますが、どこまで伸びるかが注目されます。 少し前の情報になりますが(2014年4月)、ワールド・ゴールド・カウンシル(World Gold Council:WGC)は、中国人の伝統的な金選好度の高さなどから良好なGDP予想を示し長期的な成長を予測していました。一方で、中国が、投資・輸出主導から民間消費中心のよりバランスのとれた成長への転換が課題でもあると指摘し、成長の条件に関する見解を示しています。

あくまでも予想であり、不測の事態、政治・経済の動きで、今後はどう展開するか最終的なところはわかりません。 しかし、中国が経済成長を背景にそのポジションを高めてきていることは事実です。またそれを背景に、今後も金需要を支えており、今後も中心的な役割を担い続けることが予想されます。経済の拡大により、一人当たりGDPが伸びればなおさらといえるでしょう。


もし、中国やインドの需要が低下を見せたと仮定してみると、たとえば、やはりWGCの報告で取り上げているようにベトナムなどの新興国における需要が開拓されていくことも考えられます。新しい新興国が台頭してくることにより、一時的あるいは徐々であるにしても、中国やその他の金需要が高い国における変動にかかわらず金の需要はその形と場所を変えて現れてくることも予想することは不可能ではないでしょう。



このように見てくると、中国やインドを中心に金の需要は当面支えられ、雁行(がんこう)的にその周辺に経済発展をしつつある新興国が登場し、金需要の調整がなされていくと想像することは可能といえるでしょう。 長期的には金需要は引き続き底堅く、中国をはじめとした海外需要の動向には、地政学的リスク同様注目しておく必要があるでしょう。改めて金、プラチナを含めた分散的な投資とそのポートフォリオの調整が必要になってくると考えられます。
http://biz.searchina.net/

中国で2016年8月に「危険排出物リスト」で新しく更改された点で、これまでは0.5mg/litre以下であれば罰則がなかった「青酸化合物」に対して、その含有量にかかわらず高額の罰金が科せられることになった。実際の施行は2018年からが、このルール改正に沿うため、多くの鉱山会社はそのオペレーションを発展させてきているが、その結果多くの鉱山採掘が採算に合わなくなってきている。業界と政府との交渉は現在もまだ行われている。その交渉の結果、この条件が緩和されたとしても、それでも鉱山採掘コストは上昇する。これらの状況の下で2017年の中国のゴールド生産は前年比8%減少するとMetals Focusは予想しており、来年2018年はさらに減少するとしている。

中国の宝飾需要は2017年前半は前年比4%の減少。これはMetals FocusとWGCによる「Gold Demand Trend」の数字。一方、中国国内のChina’s National Bureau of Statistics(NBS)による1月から5月の宝飾品の小売売上高は前年比8%の伸びと大きく異なるものになっている。Metals Focusの解説では、消費者が24カラットの純金から離れ、もっと純度の低いものに需要は移っている。特に若者は、ゴールドの宝飾を「価値の保存」のツールとは考えず、ファッションの道具として見ており、販売側もその他の商品との競争の激しさから、より新しく革新的で、そしてより利益率の高い物を売ろうとしている。そのため、おそらくゴールド量で見ているMetals Focusと宝飾品の売上で見ているNBSの数字が食い違っているのではないかと思われている。Metals Focusは、どちらにしても中国の宝飾需要は最悪期を脱し、ここから先の一年で回復してくると見ている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月09日 09:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp