韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  慰安婦被害者「10億円を日本に返すべき」

慰安婦被害者「10億円を日本に返すべき」

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は7日、ソウル新村(シンチョン)セブランス病院に入院中の慰安婦被害者、金福童(キム・ボクドン)さん(92)に会い、日本政府が拠出した10億円に関連し「お金の問題はおばあさんたちが納得できるようにうまく処理する」と述べた。

金さんが「お金(10億円)から政府が(予算で)合わせて日本に送り返さなければいけない。お金から(日本に)送ってこそ大きな声で言える」と話すと、康長官は「悩んでいる」と言いながらこのように答えた。康長官は「政府にはそのようなお金がある」とも話した。 金さんは「なぜ(和解治癒)財団をなくさないのか」とし「(財団の職員を)座らせておいて月給を出すからお金がなくなっていく」とも指摘した。すると康長官は「そのお金で月給を出すというのは話にならないと考える」と答えたりもした。

この日の康長官の訪問は尹美香(ユン・ミヒャン)韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)代表のフェイスブックを通じて公開された。尹代表は康長官と金さんの対話内容が入った約2分間の動画を載せた。これに先立ち政府は12・28慰安婦合意タスクフォース(TF)分析結果を発表し、「被害者中心主義」を優先にした政府の後続措置を予告した。 一方、8日には韓国外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長がソウルで慰安婦合意問題を含む韓日局長級協議を行う。外交部は「両国間の懸案を含む相互関心事について意見交換をする予定」と伝えた。
http://japanese.joins.com/





2017年8月9日正午、ソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像の周りには、慰安婦としての被害を初めて証言した故金学順さんをたたえる市民約1500人が集まり、日本政府が慰安婦を支援する韓国の財団に拠出した10億円を返還するための募金活動が本格的に開始された。韓国・ニュース1が伝えている。

14日に開かれる「第5回世界日本軍慰安婦メモリアルデー」を前にこの日行われたデモには、元慰安婦の金福童さん、李容洙さん、吉元玉さんのほか、夏休み中の高校生らが参加し、日本政府による謝罪と、2015末に締結された慰安婦問題をめぐる日韓合意の廃棄、さらに同合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の解体などを要求した。8月14日は13年から「慰安婦メモリアルデー」に指定され、毎年、数カ国で記念式典が開催された。

この日のデモでは、日本政府から「和解・癒やし財団」に拠出された10億円を日本に返還し、また元慰安婦らに女性人権賞を授与すること目的とした募金活動も本格的に開始された。韓国挺身隊問題対策協議会の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は「100万人が100日間1000ウォン(約100円)だけでも心を集め、10億円を返すために新たな解放のための動きを開始する」と協力を呼び掛けている。

単に金を返せば済む問題ではない。これらの年寄り連中に何を言っても無駄だろう。国家間の約束の重大さを理解できない連中に振り回される韓国である。そういう意味では、朴槿恵と外交の主役を処罰しないのも不思議だが…。そもそも自国内問題を、国家間の約束にすり替えること自体論外だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月09日 10:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp