韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ウォン高:韓銀、「為替操作」懸念で介入困難

ウォン高:韓銀、「為替操作」懸念で介入困難

8日午前9時、ソウル外国為替市場の取引が始まると、ウォン相場が急騰。午前10時27分には1ドル=1058.80ウォンを付けた。取引時間内に1050ウォン台を付けたのは2014年10月31日(1052.90ウォン)以来3年2カ月ぶりだ。しかし、ウォン相場はすぐに反発し、約10分後には前日比4.8ウォンのウォン安ドル高となる1067.50ウォンまで急落。まるでジェットコースターのような値動きを見せた。終値は前日比3.3ウォンのウォン安ドル高の1066ウォンだった。

市場では為替当局が直接介入したのではないかとの見方が出た。韓国銀行はウォンを売り、ドルを買う形で為替相場をウォン安誘導することが可能だ。しかし、為替当局が実際に介入を行ったかどうかははっきりしない。市場介入パターンが明らかになれば、海外の投機筋に悪用される懸念があるためだ。

年初来ウォンの対ドル相場はウォン高傾向が強まっている。昨年末の1075ウォンから今年最初の取引が行われた2日には1062.20ウォンまで上昇。3年2カ月ぶりのウォン高水準となった。その後、為替当局とトップであるキム・ドンヨン副首相と李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁が口先介入したが、5日には取引時間内に1060.20ウォンまでウォン高が進行した。週明け8日には取引時間内にウォンが再び1058.80ウォンまで買い進まれた。

最近のウォン高は北朝鮮リスクの緩和とドル安傾向が原因とみられる。ウォン・ドル相場は今年前半に1000ウォンまでウォン高が進むとの見方も出ている。米国から為替操作国に指定される懸念があるため、韓国の為替当局は事実上手足を縛られており、積極的に介入するのは困難だとの判断が根底にある。


ウォン高進行を受け、輸出企業は大わらわだ。為替レートが低下すると、価格競争力が弱まり、輸出にマイナス影響を及ぼす。しかし、企業には決済通貨を多様化し、ウォン・ドル相場の変動による為替リスクを最小化する以外に有効な方法はないのが実情だ。電子業界関係者は「現地通貨による取引を拡大し、損失を最大限抑える努力をしているが、根本的な対策にはならない」と話した。ウォン高は世界的な競争力低下で不振にあえぐ韓国の自動車メーカーに大打撃を与えると予想される。業界によると、韓国の自動車メーカーの為替限界ラインは1050ウォンだ。これよりウォン高が進めば、米国に輸出しても損失が出る。

サムスン電子、SKハイニックスなど半導体メーカーもウォン高による損失が見込まれる。サムスン電子の場合、ウォン相場が10%上昇すると、営業利益が2-3%減少すると推定されている。SKハイニックス関係者は「為替管理委員会で綿密にモニタリングを行っているが、輸出割合が95%に達し、ウォン高が進めば影響が避けられない」と述べた。石油精製業界も急激にウォン高が進めば、輸出不振に加え、原油調達と販売のタイムラグによる為替差損も被らなければならない。石油精製業界関係者は「最近は原油価格まで上昇し、ダブルパンチだ」と話す。

2018-01-09-k012.jpg

2日のソウル外国為替市場では、ドルに対するウォン相場は1ドル=1061.2ウォンで取引を終え、昨年末に比べて9ウォン30銭のウォン高ドル安になった。2014年10月30日以来のウォン高ドル安で、1年前の1ドル=1208ウォンから146ウォン80銭、12.2%もウォン高ドル安となり、円に対するウォン相場もウォン高円安が進んだ。2日午後3時55分の時点で100円=941.88ウォンで取引され、昨年末に比べて7ウォン82銭ウォン高円安となり、2015年12月4日の100円=938.89ウォン以来のウォン高円安となった。

ウォン高が進んでいるのは、企業が輸出代金として受け取ったドルを市場で売っていることなどが作用したとされる。年初からウォン高が進んでいて、輸出に与える影響が懸念されている。ウォン高はウォンの価値が上がることですからモノを輸入する際は有利ですが、輸出企業にとっては価格競争力が下がることにつながり望ましくない。ドルに対するウォン高は輸出全般に影響を及ぼし、円に対するウォン高は日本の企業と競争関係にある品目の輸出に直接的に影響を与えることになる。特にウォン高円安に対する懸念が拡大しています。

韓国と日本の企業は世界各国の市場で競争関係にあり、ウォン高円安になればなるほど韓国企業は価格競争力が下がり、打撃を受けることになる。このままドルや円に対してウォン高が進めば、輸出企業の採算性は悪化するしかない。過去に比べると為替変動が輸出に及ぼす影響は制限的になっているが、こうした傾向が長期化すれば、輸出の減少、企業の採算性悪化は避けられない。 私は、通貨危機に周期があるとみているので危険年は昨年からです。そろそろかと思いますよね~。また全産業の為替における損益分岐点は、1ドル 1052ウォンです。また造船は1125ウォンあたりですから、造船は受注するほどに赤字となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月09日 17:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp