韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「不公正FTA」のせいで韓国で米国車が売れない?

「不公正FTA」のせいで韓国で米国車が売れない?

「韓国政府が米国製自動車にだけ厳格な基準を適用しており、このために米国製自動車の韓国での販売率が低調だ」。
5日に米ワシントンDCで開かれた韓米自由貿易協定(FTA)改定1次交渉に先立ちロス米商務長官が韓国政府に向け数回にわたり言及した発言だ。「不公正な韓米FTA」と非関税障壁のため韓国で米国製自動車が売れないという主張だ。若干の感情攻勢まで混ざった米国のこうした圧力はどの程度根拠があるのだろうか。米国側の主張の虚実を探ってみた。

米国が韓国との自動車貿易で赤字を出しているのは事実だ。だが韓米FTA発効前と発効後を比較すると話は変わる。発効後に米国製自動車の韓国販売台数は飛躍的に増えた。韓国輸入自動車協会が8日に集計した資料を見ると、昨年米国製自動車は韓国で2万19台売れ前年比9.5%増加した。韓米FTA発効直前の2011年の販売台数8252台と比較すると142.6%の急増だ。同じ期間の全輸入車販売増加率121.9%より増加幅が大きい。この期間に米国車の韓国輸入車販売市場でのシェアも7.9%から8.6%に拡大した。

韓国貿易協会の調査によると韓国の対米乗用車輸出額は2011年の86億ドルから2016年には155億ドルで80.2%増えた。これに対し輸入額は3億ドルから17億ドルに5倍以上増えた。韓国と米国の自動車貿易不均衡が両国の市場規模のために発生する現象だという点を考慮すると、FTAはむしろその格差を減らしているという意味と解釈できる。大林(テリム)大学自動車学科のキム・ピルス教授は「これまでの数値変化を分析してみれば韓米FTAで利益を得たのは米国」と話す。





米国側が問題を提起している韓国の非関税障壁は▽燃費規定▽修理履歴告知規制▽安全規制――などだ。燃費規定については韓国がガソリン1リットル当たり17キロメートルで米国の16.6キロメートルより厳しいのは事実だが、他の国と比較すると平均水準だ。欧州連合の18.1キロメートルより弱く、日本の16.8キロメートルとも大差ない。自動車業界関係者は「燃費規制の差が1キロメートル未満なら大きな意味はない。米国と韓国の規制水準はほぼ似ているとみれば良い」と説明した。

修理履歴告知制度もやはり韓国にだけあるのではない。この制度は自動車が出庫されてから消費者に引き渡されるまでに問題が生じて修理をする場合にその履歴を残さなければならない規制だ。米国側は長距離運送をしなければならない輸入車に負担が大きい規制だと反発する。だが米国の36州でも同様の制度を施行している。韓国から米国に輸出する車両も同じ規制を受けているのだ。業界関係者らは「車に問題が生じて修理をしたのにその履歴を残さない方がさらに大きな問題だ」と指摘する。
http://japanese.joins.com/

世界最大経済圏である欧州連合(EU)の通商担当首長がドナルド・トランプ米政府の韓米自由貿易協定(FTA)の改正主張について、「米国の貿易赤字の原因を韓米FTAのせいにするのは間違っている(Wrong)」と一喝した。米国の対韓貿易赤字は、FTAが不公正なためではなく、消費者らが選択した結果だという説明をしている。 セシリア・マルムストレームEU通商担当執行委員は21日、訪韓に先立って東亜(トンア)日報との電子メールでのインタビューで、「米国企業はなぜ韓国に少ない車を輸出することになったのかという堪え難い質問を自分自身に問わなければならない」としたうえでこのように語った。 「私たちは、貿易収支は全体図のごく一部だけを示すという事実を忘れてはならない」とし、「米国、EU、東南アジア、中国など、海外に膨大に投資してグローバルバリューチェーンに完全に統合された韓国企業の貿易は、統計には入らない」と強調している。

記事でいう米国側が問題を提起している韓国の非関税障壁は▽燃費規定▽修理履歴告知規制▽安全規制等と言うが、そもそも問題なのかと言う気がするが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月10日 10:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp